メインメニューを開く

森林風致計画学(しんりんふうちけいかくがく、英:forest landscape managememt)は、森林の風致について探求する学問。里山を含む森林、緑や自然とを人との関わりを探求し、森林、緑や自然風景を楽しめるよう、またそれらをレクリエーションの場として考える計画科学。

概要編集

森林は多様な生態系サービスを提供するが、文化的サービスの役割をも担う。森林の風景、森林に関するレクリエーション、セラピーツーリズムなど多岐にわたる文化的サービスの計画・管理について学ぶ。関連の学術に森林美学・森林の風致施業計画学(風致施業学)などがある。

東京大学大学院農学生命科学研究科の森林科学専攻に森林風致計画学研究室が、 日本大学生物資源科学部森林植物・微生物学研究室環境・森林風致研究会がある。 森林風致計画学は筑波大学, 岩手大学などで講義や実習が行われている。 また鳥取大学農学部附属フィールドサイエンスセンター森林部門 森林利用システム学分野 でも森林風致学に関する教育・研究が行われている。

関連項目編集

参考文献編集

  • 森林風致計画学(現代の林学 3):伊藤精晤(編),文永堂出版,1991,ISBN 9784830040467
  • 森林風致とレクリエーション その意義と森林の取扱い:岡崎文彬,1970年、日本林業調査会
  • 森林風致計画論策-1~3:塩田 敏志,林業技術,1978年7~9月号
  • フォレストスケープ : 森林景観のデザインと演出:堀 繁・斎藤 馨・下村彰男・香川隆英 著
  • 人と森の環境学:井上真・酒井秀夫・下村彰男・白石則彦・鈴木雅一著, 東京大学出版会, 2004年
  • 森のフォークロア-ドイツ人の自然観と森林文化-, アルブレヒト・レーマン著, 識名章喜・大淵知直訳