メインメニューを開く

森 正人(もり まさと、1948年9月9日[1]- )は、中世日本文学研究者、熊本大学名誉教授。尚絅大学尚絅大学短期大学部学長。

鹿児島県金峰町出身。1971年熊本大学法文学部文学科卒、1976年東京大学大学院国文学専攻博士課程中退、愛知県立大学専任講師、助教授、82年日本古典文学会賞受賞(「説話形成と天竺・震旦仏法史」ほか一連の『今昔物語集』研究に)。熊本大学助教授をへて教授。2014年定年退任、名誉教授。2015年、尚絅大学・尚絅大学短期大学部学長に就任 [2]

『今昔物語集』など中古・中世の説話を研究する。

著書編集

  • 『今昔物語集の生成』和泉書院 1986
  • 『源氏物語と 「もののけ」』熊本日日新聞社 熊本大学ブックレット 知のフロンティア講座 2009
  • 『場の物語論』若草書房 中世文学研究叢書 2012
  • 『古代説話集の生成』笠間書院、2014

共編著編集

  • 『日本の文学 今昔物語集』小峯和明と校訂 ほるぷ出版 1987
  • 『今昔物語集 5 新日本古典文学大系』岩波書店 1996
  • 『東アジアの文化構造』工藤敬一,金原理共編 九州大学出版会 1997
  • 『文学史の古今和歌集鈴木元共編 和泉書院 2007
  • 細川幽斎 戦塵の中の学芸』鈴木元共編集 笠間書院 2010
  • 『細川家の歴史資料と書籍 永青文庫資料論』稲葉継陽共編 吉川弘文館 2013

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 学長あいさつ(尚絅大学)”. 2016年3月18日閲覧。
[ヘルプ]