メインメニューを開く

森滝 義巳(もりたき よしみ、1938年3月8日- )は、兵庫県神戸市出身の元プロ野球選手投手)。

森滝 義巳
Yoshimi Moritaki 1956 Scan10002.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市
生年月日 (1938-03-08) 1938年3月8日(80歳)
身長
体重
179 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1960年
最終出場 1966年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

史上7人目の完全試合達成者。

目次

経歴編集

兵庫高校在学中の1955年春の甲子園に出場。2回戦(初戦)で、後に立教大学同期となる浜中祥和のいた若狭高に敗退[1]

卒業後に進学した立大では長嶋茂雄杉浦忠らの2年後輩となる。杉浦卒業後の3年次からは、1年下の五代友和(日本ビール)と投の二本柱として活躍。東京六大学リーグで在学8シーズン中、5度の優勝に貢献した。1957年1958年全日本大学野球選手権大会連続優勝。制球力に優れ、42回1/3無四球というリーグ新記録を達成している。リーグ通算35試合16勝6敗68奪三振、防御率1.49。浜中以外の大学同期に稲川誠種茂雅之高林恒夫小西秀朗がいる。

1960年国鉄スワローズへ入団。1年目は1勝しか挙げられず不本意な成績に終わったが、2年目には10勝と2桁勝利を記録。同年のオールスターゲームにも出場。翌年から一時低迷するが、1964年には5勝をあげた。1966年を最後に引退。

1961年6月20日中日ドラゴンズ戦では完全試合を達成した。投球数113、外野飛球6、内野飛球1、内野ゴロ15、内野ライナー1、三振4の内容だった。

アンダースローからの落ちるシュート、外角カーブを得意とし、打たせて取るピッチングが身上だった。

引退後はサラリーマンとなり、日本熱学・ダイキンプラント工業を経て、1978年からは川本工業に入社。定年後は、青少年野球の指導に携わっている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1960 国鉄
サンケイ
32 8 1 1 0 1 8 -- -- .111 362 83.1 90 7 23 0 7 28 0 0 52 44 4.71 1.36
1961 38 19 6 2 2 10 8 -- -- .556 675 167.2 143 9 40 5 6 64 2 0 53 43 2.30 1.09
1962 24 9 0 0 0 0 7 -- -- .000 256 63.0 59 3 15 0 1 28 1 0 27 24 3.43 1.17
1963 30 4 0 0 0 0 2 -- -- .000 260 64.2 58 7 17 0 0 14 0 0 28 26 3.60 1.16
1964 44 21 1 0 0 5 14 -- -- .263 653 163.0 146 13 36 5 4 45 1 0 60 54 2.98 1.12
1965 16 6 0 0 0 0 4 -- -- .000 152 34.1 46 1 7 0 1 9 1 0 21 19 5.03 1.54
1966 20 3 0 0 0 0 3 -- -- .000 171 39.2 47 3 7 0 3 12 1 0 28 27 6.08 1.36
通算:7年 204 70 8 3 2 16 46 -- -- .258 2529 615.2 589 43 145 10 22 200 6 0 269 237 3.46 1.19

記録編集

背番号編集

  • 21 (1960年 - 1966年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集