森田健作

日本の俳優、政治家

森田 健作(もりた けんさく、本名:鈴木 栄治(すずき えいじ)、1949年昭和24年)12月16日 - )は、日本政治家。2009年(平成21年)4月5日より千葉県知事に就任[1][2]。知事業務上、法的効果が必要な文章には本名を使用している[3]。かつては、歌手司会者タレントとして活動。タレントとしてはサンミュージックに所属。同社所属タレント第1号[4]

日本の旗 日本の政治家
森田健作(鈴木栄治)
もりた けんさく(すずき えいじ)
生年月日 (1949-12-16) 1949年12月16日(67歳)
出生地 東京都大田区久が原
出身校 明治学院大学法学部中退
所属政党 無所属→)
民社党→)
自由民主党→)
無所属
公式サイト 森田健作後援会

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
在任期間 1992年 - 1998年

選挙区 東京4区
当選回数 2回
在任期間 1998年 - 2003年

当選回数 3回
在任期間 2009年4月5日 - 現職
テンプレートを表示
もりた けんさく
森田 健作
本名 鈴木 栄治
すずき えいじ
生年月日 (1949-12-16) 1949年12月16日(67歳)
出生地 日本の旗 日本東京都大田区久が原
国籍  日本国
血液型 O型
職業 歌手タレント・元参議院議員・元衆議院議員千葉県知事
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1969年 -
活動内容 1969年:松竹映画「夕月」でデビュー
同年:『夕陽の恋人』、ならびに同名の主題歌で歌手としてもデビュー
1971年:「おれは男だ!
事務所 サンミュージック
主な作品
「おれは男だ」(日本テレビ)、「砂の器」(松竹)

趣味はガーデニング[5][6]。身長175cm[6]血液型O型[6]愛称はモリケン[5]

目次

経歴編集

高校卒業まで編集

東京都大田区久が原生まれ、4歳で同区東矢口へ引っ越す。兄、姉、弟、妹の5人兄弟(兄は病気で夭逝)[要出典]

大田区立矢口東小学校6年生の夏より、栄治は剣道三段である父・亀男の言い付けから母方の親戚で埼玉県蕨市道場を構える奥田芳太郎の下へ通い始める。大田区立安方中学校3年生の時には二段の免状を授かり(のちに自称であることが判明)、中学生組の大将として高校生組の大将と対抗試合を行い勝利する[7]1968年春に私立正則高等学校を卒業[要出典]

芸能活動など編集

高校卒業後、大学受験に失敗、NDTに所属していた姉より姉の同僚だった萩田と後にサンミュージックのマネージャーとなる福田時雄を紹介される。福田は男性新人を探しており、栄治は神田の予備校へ通いながら週2回歌のレッスンに通い始める[8]

3ヵ月後、黛ジュンのヒット曲である『夕月』が映画化されることとなり、一般公募で選ばれる。続く「婚前旅行」そして4作目である「夕陽の恋人」で初主演[9]

1978年明治学院大学法学部を中退[10]

参議院議員時代の1995年に『地球防衛少女イコちゃん』(文部省選定・防犯教育ビデオ映画)[11]1996年に『I am 日本人[12]の企画・製作総指揮を担当(自らも出演)。

政治活動歴編集

参議院議員編集

1992年大内啓伍の誘いで第16回参議院議員通常選挙に、東京都選挙区から無所属で立候補。連合主導で民社党社会党社民連の推薦を受け当選した。当時争点となっていたPKO法案には賛成の立場で、これに反発する社会党・社民連支持者の一部は弁護士の内田雅敏を擁立する分裂選挙となった。当選後特定の会派に所属しない約束で、覚書も締結していた[要出典]。無所属のまま民社党と会派を組んだが、連合は約束が違うと抗議声明を出した。民社党解党前の1994年には野党時代の自民党に移り、同年6月の内閣総理大臣指名選挙では党議に反して日本社会党委員長村山富市ではなく、当時自民党総裁河野洋平に投票した[要出典]

衆議院議員編集

1998年新井将敬自殺に伴う衆議院東京4区補欠選挙に立候補し当選。2000年第42回衆議院議員総選挙では、自公保連立下の候補者調整により[要出典]、自民公認漏れとなったが再選。

秘書の公職選挙法違反編集

2000年8月には自身の公設秘書公職選挙法違反にて逮捕され、連座制適用による自身の失職も想定されたが[13]東京簡裁にて罰金50万円の略式命令となり、連座制適用は見送られた[14]。2003年の第43回衆議院議員総選挙には立候補せず。

2005年の千葉県知事選挙(落選)編集

2005年には千葉県知事選挙に立候補したが、現職の堂本暁子に破れ落選。

2009年の千葉県知事選挙編集

2009年1月26日千葉市内で記者会見を開き、3月執行予定の千葉県知事選挙に再度立候補する考えを正式表明した。会見では東京湾アクアラインの値下げなどの公約を発表すると共に、前回の選挙に敗北した際、雪辱を期す考えを持っていたことを明らかにした[要出典]。また同選挙では、石原慎太郎東京都知事の3選、丸川珠代参議院議員当選に貢献した選挙プランナーの三浦博史が参謀役に就任した[要出典]

同年3月29日に執行された千葉県知事選挙に無所属として立候補し、1,015,978票(得票率45.5%)を得て当選した。

県知事就任後編集

2009年5月22日に、公約であった東京湾アクアライン通行料の800円への値下げを、ETC搭載の普通車に限り、8月から2年間実施することを発表。普通車以外も値下げの方針で、財政負担は約20億円となる見込み[15]

知事選中は「完全無所属」として選挙活動をしていたが、当選後に自由民主党支部長だったことが判明。2009年7月3日に自由民主党を離党[16]。前日の2日には、森田が支部長を務め、事実上の個人献金の受け皿でもあった「自民党東京都衆議院選挙区第2支部」も解散を届けている[17]。自民党支部長である森田が「完全無所属」をうたったのは公職選挙法の虚偽記載公表罪に当たるとして市民団体から刑事告発されたが、2009年9月に千葉地検は「所属党派証明書の交付を受けていない以上、無所属とせざるを得ない」として不起訴処分とし、2010年7月に千葉県第二検察審査会は『政党隠しを行っていたと推測できるが、「完全無所属」が政党との人的・資金的なつながりがないことを示すと断言するのは難しい』として不起訴相当とした[18]

第45回衆議院議員総選挙では、千葉県を始め、神奈川、埼玉県など各地で自民党候補の応援演説をした[19][20][21][22]

2010年1月14日民主党公明党などが成立を目指す外国人参政権について「日本国籍を持って投票すべきだというのが私の考えだ。国会に提出されるなら慎重な審議をお願いしたい」と述べ、反対の姿勢を強調した[23][24]。なお、これに先駆けて千葉県議会は、2009年定例会にて外国人参政権に反対する意見書を可決している[25][26]

福島第一原子力発電所事故後の2011年9月、森田知事は原発からの撤退について質問され、「現状において原発をすぐになくすことは事実上困難である」と答弁し[27]、約1年後の2012年9月も「直ちに原子力発電所をなくすことは現実的でない」とその姿勢を変えなかった[28]

2012年6月18日、県内の放射性物質に汚染されたごみ焼却灰を巡り、県営手賀沼終末処理場内での一時保管施設建設を独断で決定[29]。 灰は一時保管後、政府が建設する最終処分場に埋められる予定だが、2012年6月現在建設用地は未定[要出典]

2013年2月、しんぶん赤旗に知事に就任する前年の2008年に、東京電力から講演料として20万円の政治資金を受けていたほか、東京電力提供のラジオ番組にレギュラー出演していたと報じられた[30]

2013年6月、高濃度放射性物質を含む焼却灰の最終処分場建設問題で、千葉県内で建設場所の候補地選定を進める国に対し、「焼却灰の問題ではみんなが被害者。ただ、助け合いと『絆』の精神で処分場の建設を考えることが大切だ」と述べた[31]

政治資金問題編集

2013年3月、「自民党東京都衆議院選挙区第2支部」が株式会社ドン・キホーテから1千万円の献金を受けていた事(外資系からの寄付を受ける事を禁じた政治資金規正法旧法違反)、これを500万円ずつ二度にわたって返却していたことが、政治資金収支報告書により判明[32]

2013年の千葉県知事選挙編集

2013年1月30日、同年3月17日投開票予定の千葉県知事選挙に立候補することを表明した[33]

同年3月17日に執行された千葉県知事選挙に無所属として立候補し、1,230,137票を得て2度目の当選を果たした。

選択的夫婦別姓制度反対論者でもある[34]

エピソード編集

  • 父は元警視庁警察官(2007年12月に98歳で死去)。森田が小学生の頃、父親が多忙であったため、一緒に遊びに行くことが少なかったが、そのことを母親に話した時に、母親から「お父さんはね、友達がみんな楽しく遊べるようにね、みんなを守ってるんだよ」と言われて、父親の仕事の大変さを理解したと述べている[35]
  • 学生時代に剣道の経験があり、俳優デビュー初期よりプロフィールなどで段位は二段であると自称している。これは各地区の剣道連盟などの団体が主催する昇段審査会を受審し、各種試験や登録料の納付などによって免状が発行される特定団体の正式な段位ではなく、高校一年生の頃に、高野佐三郎直系の弟子であり範士(剣道における最高位)である恩師に腕前を認められ「わかった、二段許す」と口頭で言い渡されたものであるとしている[36]
  • 1990年千葉県山武郡芝山町に私邸と「森田塾」を建設した[37]
  • 2006年に自らの保守思想に基づく、映画『I am 日本人』を企画・制作したが、興行的には失敗した。映画のオフィシャル・サイトも消失している[38]

支援団体編集

  • 2008年、幸福の科学の支援を受けた、と報道された[39][40][41]
  • 2008年、幸福の科学教団発行の雑誌には、巻末9ページにわたって、次回総選挙もしくは千葉県知事選挙への出馬が取り沙汰される森田健作氏の特集が掲載された[42][40]

出演作品編集

映画編集

  • 夕月(1969年)
  • 恋の季節(1969年)
  • 喜劇シリーズ
    • 喜劇 婚前旅行(1969年)
    • 喜劇 逆転旅行(1969年)
    • 喜劇 よさこい旅行(1969年)
    • 喜劇 満願旅行(1970年)
    • 喜劇 体験旅行(1970年)
    • 喜劇 開運旅行(1971年)
    • 喜劇 誘惑旅行(1972年)
    • 喜劇 怪談旅行(1972年)
    • 喜劇 快感旅行(1972年)
    • 喜劇 大誘拐(1976年)
  • 夕陽の恋人(1969年)
  • 夕陽に向かう(1969年)
  • 栄光の黒豹(1969年)
  • 夕陽が呼んだ男(1970年)
  • 花の不死鳥(1970年)
  • 三度笠だよ人生は(1970年)
  • 高校さすらい派(1970年)
  • 望郷(1971年)
  • 初笑いびっくり武士道(1972年)
  • 男じゃないか 闘志満々(1973年)
  • 愛ってなんだろう(1973年)
  • ひとつぶの涙(1973年)
  • 涙のあとから微笑みが(1974年)
  • 東京ド真ン中(1974年)
  • 砂の器(1974年) - 吉村弘 役
  • はだしの青春(1975年)
  • 夜霧の訪問者(1975年)
  • 青春の構図(1976年)
  • 八甲田山(1977年) - 三上少尉 役
  • 惑星大戦争(1977年) - 三好孝次 役
  • 皇帝のいない八月(1978年) - 有賀弘一 役
  • 赤穂城断絶(1978年) - 間十次郎
  • 真田幸村の謀略(1979年)
  • 黄金の犬(1979年)
  • 徳川一族の崩壊(1980年) - 弥太 役
  • 復活の日(1980年) - 真沢隆司 役
  • 疑惑(1982年) - 藤原好郎 役
  • 必殺! ブラウン館の怪物たち(1985年) - 藤林辰之進 役
  • おれは男だ! 「完結編」(1987年) - 小林弘二 役
  • 地球防衛少女イコちゃん(1995年) - モリタニ 役
  • I am 日本人(2006年)

テレビドラマ編集

バラエティ編集

情報番組編集

ラジオ編集

パチンコ編集

発売作品編集

シングル編集

  • 夕陽の恋人(1969年4月5日)映画『夕陽の恋人』の主題歌
  • この夢を君に(1969年8月5日)
  • あの時君は天使だった(1969年12月5日)
  • 花びらの青春
  • 制服の恋人
  • さらば涙と言おう(1971年3月25日)ドラマ『おれは男だ!』の主題歌
  • 君のいる空ドラマ『たんとんとん』の主題歌
  • 青春の旅(1971年11月5日)ドラマ『おれは男だ!』の挿入歌
  • 友達よ泣くんじゃない(1972年1月25日)最大のヒット曲 オリコン最高位2位
  • 若い涙はみな熱い(1972年4月25日)ドラマ『青春をつっ走れ!』の主題歌
  • 涙によろしく(1972年7月5日)ドラマ『あしたに駈けろ!』の主題歌
  • 若者たち(1972年10月25日)ドラマ『あしたに駈けろ!』の挿入歌
  • 青春に悔はないか(1973年2月25日)ドラマ『おこれ!男だ』の主題歌
  • さらば愛の日々(1973年6月25日)ドラマ『おこれ!男だ』の主題歌
  • 青春のバラード(1973年10月5日)CMソング
  • 涙のあとから微笑みが(1974年2月15日)映画『涙のあとから微笑みが』の主題歌
  • 銀河の約束
  • 両手いっぱいの明日(1974年9月15日)CMソング
  • 東京発
  • はだしの青春 映画『はだしの青春』主題歌
  • 女友達へ
  • 今日は想い出
  • 兄妹
  • さらば涙と言おう(1985年1月)新録音盤
  • モリタはスゴイ!(1991年8月21日)中日ドラゴンズ投手・森田幸一の応援歌、森田公一と共演
  • 約束(2006年7月19日)映画『I am 日本人』の主題歌

アルバム編集

著書編集

  • 『青春二十周年なのだ』(ネスコ) ISBN 4890367535
  • 絵本『わくわくもりたのなかまたち』(森田塾出版) ISBN 4895030016 ほか
  • 『批判するだけでは変わらない』(KKベストセラーズISBN 4584008299
  • 『もう少し努力してみないか』(日本能率協会マネジメントセンター) ISBN 4820711997
  • 『家庭力』(日本実業出版社、2004年3月20日発売) ISBN 453403718X
  • 『元気の泉 森田健作格言サプリ』(教育出版社、2006年10月13日発売) ISBN 4316801996
  • 『ゼロの勇気』(PHP研究所、2008年11月22日)ISBN 4569704778
  • 『逆境力―成功に導く67の発想』(双葉社、2009年7月31日)ISBN 457530140X

政歴編集

  • 1992年 参議院議員東京都選挙区)初当選(民社党会派に属す)
  • 1996年 沖縄開発政務次官に就任
  • 1997年 文部政務次官に就任
  • 1998年 衆議院議員東京4区)当選
  • 1998年 文部政務次官に就任(2回目)
  • 2000年 衆議院議員(東京4区)無所属で当選
  • 2001年 自民党復党
  • 2002年 自民党情報調査局長に就任
  • 2003年 衆院選に立候補せず
  • 2009年 千葉県知事選挙に無所属として立候補し当選

公的場面での通名(芸名)使用について編集

国会議員は行政機関の一員ではないため、通名(芸名)の使用が認められているが、都道府県知事は行政機関の一員であり、公文書などでは責任明確化の観点から基本的に芸名使用は認められていない。このため、対外的に法的効果を有する文書などには本名の鈴木栄治が用いられる[43]

脚注編集

  1. ^ “投開票速報について”. 千葉県選挙管理委員会. (2009年3月15日). オリジナル2009年3月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090327011708/http://www.chibaken-senkan.jp/sokuhou/sokuhou_main.html 2013年11月9日閲覧。 』からリンクする知事選挙「開票結果」(Excelファイル): 千葉県選挙管理委員会による知事選挙臨時啓発サイト
  2. ^ “平成21年中に予定される選挙”. 千葉県選挙管理委員会. (2009年4月21日). オリジナル2009年5月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090502103042/http://www.pref.chiba.lg.jp/senkan/chiba/election2009.html 2013年11月9日閲覧。 
  3. ^ 知事の氏名の表記について/千葉県
  4. ^ “俺が事務所を救う!ベッキー騒動に立ち上がった“あの大物””. 女性自身. (2016年2月11日). http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/22963 2016年2月12日閲覧。 
  5. ^ a b “知事プロフィール” (プレスリリース), 千葉県, http://www.pref.chiba.lg.jp/chiji/chijishitsu/profile.html 2012年12月20日閲覧。 
  6. ^ a b c 森田健作 Sun Music Group Official Web Site
  7. ^ 以上は、近代映画 近代映画社 1969年9月号 138〜140頁。
  8. ^ 以上は、近代映画 近代映画社 1969年8月号 108頁。
  9. ^ 以上は、近代映画 近代映画社 1969年10月号 136〜139頁。
  10. ^ 森田健作『批判するだけでは変わらない: 日本の政治』192ページ
  11. ^ オリジナルビデオ 地球防衛少女イコちゃん”. allcinema. 2015年12月19日閲覧。
  12. ^ I am 日本人”. Movie Walker. 2015年12月19日閲覧。
  13. ^ 「森田議員の秘書逮捕 総選挙で買収申し込み容疑 「連座制」適用も」『北海道新聞』2000年8月31日付朝刊、31面
  14. ^ 「森田議員の元秘書に罰金50万円略式命令」『北海道新聞』2000年9月20日付朝刊、第30面。
  15. ^ “アクアライン「800円」実現へ 森田知事、料金引き下げ表明”. MSN産経ニュース. (2009年5月22日). オリジナル2009年5月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090525155854/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090522/sty0905221218003-n1.htm 2013年11月9日閲覧。 
  16. ^ “森田健作知事が自民を離党、支部解散に伴い届け出 千葉”. 朝日新聞. (2009年7月3日). オリジナル2009年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090706042915/http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY200907030527.html 2013年11月9日閲覧。 
  17. ^ 「森田知事:自民党を離党、東京支部も解散」 毎日jp 2009年7月3日。ちなみに「東京都衆議院選挙区第2支部」は制度上存在し得ない。
  18. ^ “選挙で「完全無所属」 森田知事は不起訴相当 千葉検審”. MSN産経ニュース. (2010年7月21日). オリジナル2010年11月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101128113658/http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100721/crm1007212258037-n1.htm 2013年11月9日閲覧。 
  19. ^ 「声からし 最後の訴え 森田知事が応援演説 自民」東京新聞2009年8月30日
  20. ^ 森田健作千葉県知事が神奈川県内入り 産経新聞2009年8月22日[リンク切れ]
  21. ^ 【09衆院選】森田知事や熊谷市長も「最後のお願い」走る MSN産経ニュース 2009年8月29日[リンク切れ]
  22. ^ 森田千葉知事が「自民勝たせて」 県内で支持訴え 中日新聞 2009年8月29日
  23. ^ “「国籍持って投票を」 森田健作知事、外国人参政権付与に反対表明”. MSN産経ニュース. (2010年1月14日). オリジナル2010年1月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100117101607/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100114/lcl1001141323003-n1.htm 2013年11月9日閲覧。 
  24. ^ “森田健作知事、選挙権付与に反対”. 日刊スポーツ. (2010年1月14日). オリジナル2010年1月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100115045234/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20100114-585704.html 2013年11月9日閲覧。 
  25. ^ “定住外国人の地方参政権反対意見書など可決 12月県議会閉会”. MSN産経ニュース. (2009年12月22日). オリジナル2010年11月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101119205908/http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/chiba/091222/chb0912221934004-n1.htm 2013年11月9日閲覧。 
  26. ^ “外国人参政権、14県議会が反対 「保守」掲げ自民主導”. 朝日新聞. (2010年1月8日). オリジナル2010年1月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100110054059/http://www.asahi.com/politics/update/0108/TKY201001070489.html 2013年11月9日閲覧。 
  27. ^ 加藤英雄議員 代表質問1回目への答弁①(9月29日)[リンク切れ]
  28. ^ 社民党 千葉 脱原発・持続可能で平和な社会を求める千葉県集会 2012年10月12日
  29. ^ 千葉県、8000ベクレルを超える放射性廃棄物2500トンを利根川近くに保管-東京湾への影響は?2012年6月20日 14:00 ベストアンドワースト
  30. ^ 深い仲 20万円の講演料 ラジオ番組出演 2013年2月24日(日) しんぶん赤旗[リンク切れ]
  31. ^ 国にできる限り協力したい 森田健作・千葉知事 2013.6.22 21:38 MSN産経ニュース[リンク切れ]
  32. ^ 森田千葉県知事 外資系企業の違法献金 480万円返還 説明はうそ? 収支報告書では980万円 しんぶん赤旗2013年3月13日
  33. ^ “千葉知事選:森田知事が出馬表明 3月17日投開票”. 毎日新聞. (2013年1月13日). オリジナル2013年5月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130504051837/http://mainichi.jp/select/news/20130130k0000e010209000c.html 2013年11月9日閲覧。 
  34. ^ オピニオン、日本会議、2010年3月20日
  35. ^ “知事定例記者会見概要” (プレスリリース), 千葉県, (2009年7月23日), http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/chijishitsu/teirei/h21/h21-0723.html 2013年11月9日閲覧。 
  36. ^ “知事定例記者会見概要” (プレスリリース), 千葉県, (2009年5月21日), http://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/chijishitsu/teirei/h21/h21-0521.html 2011年1月25日閲覧。 
  37. ^ FRIDAY』 2009年5月8・15日合併号
  38. ^ I am 日本人(Internet Archiveによるキャッシュ)
  39. ^ 「FACTA」2008年9月号
  40. ^ a b 週刊現代、2009年5月9日
  41. ^ サンケイスポーツ、2009年5月27日
  42. ^ 「ザ・リバティ」2008年9月号
  43. ^ “知事の氏名の表記について” (プレスリリース), 千葉県総務部政策法務課, (2010年7月20日), http://www.pref.chiba.lg.jp/seihou/chijishitsu/shimei/index.html 2013年3月25日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集