メインメニューを開く

森田 健(もりた けん、1935年3月22日[1] - )は、日本ボクシングコミッション(JBC)顧問。日本の元プロボクサー、JBC審判部長経験者。群馬県高崎市出身。

人物編集

高崎拳闘道場でボクシングを始め、アマ戦績19勝4敗を残す[1]

1959年、新和拳(現・横浜光ボクシングジム)よりプロデビュー。フライ級で戦い、後に世界王者となるファイティング原田とも試合をして敗北した[2]。プロ戦績13勝5敗3分[2][1]

1960年に引退した後はインドネシア大使館に勤務[1]

1964年、29歳で審判員に転向。41年間で通算2万7千試合以上、世界戦97試合でレフェリー・ジャッジを務めた(いずれも日本人最多)。1981年のWBA世界ウェルター級王者トーマス・ハーンズの防衛戦のレフェリーを務めた。ハーンズ戦は森田にとっては初めてアメリカのリングであり、この試合でのレフェリングが高く評価されて世界戦を多く担当するきっかけになったと自ら語っている[2]

1981年に人材派遣会社を設立して経営。自ら経営者になったのはボクシングを優先できることが大きな理由である[2]

1994年に行われた薬師寺保栄vs辰吉丈一郎の王座統一戦ではジャッジとして参加した。1992年に行われた鬼塚勝也の世界初防衛戦、1998年の世界戦 飯田覚士vs井岡弘樹 ではレフェリーを担当した。

2004年、年間表彰で特別賞を受賞。2017年にも同表彰の協会功労賞を受賞している[3]

2005年、70歳で審判員生活にピリオドを打った。引退後はJBC審判委員長を務める一方、人材派遣会社の経営を続けながらプロモーターになる意志を示している[2]

2011年にJBC事務局長に就任。2015年2月に辞任し、現在はJBC顧問[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 日刊ゲンダイDIGITAL 2019年5月27日閲覧
  2. ^ a b c d e 森田健さん: 関弁連がゆく 関東弁護士会連合会 2019年5月27日閲覧
  3. ^ 2017年 プロボクシング『年間優秀選手表彰式』開催 ベースボール・マガジン社WEB 2018年2月9日

関連項目編集