森田 幸一(もりた こういち、1965年9月21日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手投手)、野球指導者。

森田 幸一
大阪ホークスドリーム 投手育成巡回コーチ #45
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市此花区
生年月日 (1965-09-21) 1965年9月21日(58歳)
身長
体重
173 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト5位
初出場 1991年4月6日
最終出場 1994年5月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大阪ホークスドリーム

経歴 編集

北陽高校では2年夏、秋と府大会ベスト4、近畿大学へ進学するが1学年上に西岡剛、同期に山内嘉弘木村恵二らがいて登板機会は少なかった。

大学卒業後は、住友金属に入社。1989年には都市対抗野球松下電器の補強選手として準決勝で先発したが優勝したプリンスホテルに敗れた。この時、松下電器のエースは潮崎哲也で、大学同期の木村も補強選手として登板していた。同年は阪神タイガースの入団テストで合格したが、住金側との摩擦を恐れた阪神はドラフトでの指名を見送った。「25歳で妻子もいる。よく考えないと」と一度はプロ入りを断念しかけたが、「プロへ行くならドラフトにかかる選手になれ」などと慰留され会社に残留[1]。翌年も都市対抗野球に補強選手として登板した。

1990年のプロ野球ドラフト会議中日ドラゴンズから5位指名を受け入団。1位指名の小島弘務投手は社会人時代の同僚であった(小島は退職後の指名)。

プロ入り時に大学時代に結婚していた夫人が「子供の為にも安定した生活を」と懇願し社会人に残留を求めたが、それを振り切ってプロ入りを実現した。

1991年与田剛投手の故障によりルーキーながらストッパーに抜擢され、1年目から50試合に登板し、10勝3敗17セーブを挙げて新人王に輝く。この年にいきなりプロ初打席初本塁打を打つ[2][3]など、ストッパーで打席数が少ない(13打数)にもかかわらず初年度に2本のホームランを放っている[2]。2号は7月9日ナゴヤ球場阪神戦で中田良弘から打ったソロ本塁打で、通算でもこの2本塁打だった。

1992年に与田の復帰によりセットアッパーに転向し、開幕戦で2年連続で勝ち投手になり下位に低迷するチームの中6月には3勝を挙げオールスター明けには先発登板しプロ初完投勝利を挙げ次の試合でも先発勝利するなど活躍したがそれ以降は先発としても勝てずリリーフでも失点を重ね、前年の成績を下回った。この年のシーズンオフ、トレードを志願したが、実現しなかった。移籍先に在京球団を希望したと報道されたが、本人はこれを否定している[4]

1993年は二軍キャンプからのスタートとなり、再びストッパーに抜擢されるが結果を残せず、郭源治にその座を追われる。 翌年以降は肘の遊離軟骨の痛みに悩まされ、サイドスローへの転向など様々な試行錯誤をしたものの結果を残せないまま1995年はついに一軍登板がゼロに終わり、この年のオフ復帰した星野仙一(入団当時の監督だった)の戦力構想からも外れて現役を引退した。

引退後は地元の企業で管理職を勤める傍ら、兵庫県野球教室のピッチングコーチも務めていた[5]

2019年社会人野球のクラブチーム、大阪ホークスドリームの投手コーチに就任[6]。なおプロフィールでは投手兼任コーチと掲載されているが[7]、2022年の役員紹介では投手育成巡回コーチとなっている[8]

詳細情報 編集

年度別投手成績 編集





















































W
H
I
P
1991 中日 50 1 0 0 0 10 3 17 -- .769 365 89.0 78 10 26 2 78 0 0 32 30 3.03 1.17
1992 41 6 1 0 1 6 5 4 -- .545 374 91.0 86 10 21 3 58 1 0 48 41 4.05 1.18
1993 22 1 0 0 0 2 3 3 -- .400 130 28.1 36 3 12 0 15 1 0 18 15 4.76 1.69
1994 4 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 38 8.0 8 2 8 2 6 0 0 7 7 7.88 2.00
通算:4年 117 9 1 0 1 18 13 24 -- .581 907 216.1 208 25 67 7 157 2 0 105 93 3.87 1.27

表彰 編集

記録 編集

投手記録
打撃記録
  • 初打席・初安打・初本塁打・初打点:1991年4月10日、対広島東洋カープ2回戦(ナゴヤ球場)、8回裏に秋村謙宏から右越ソロ
その他の記録

背番号 編集

  • 45 (1991年 - 1995年)

関連情報 編集

関連書籍 編集

応援歌 編集

脚注 編集

  1. ^ 別冊ベースボール『よみがえる1990年代のプロ野球 PART8』(2021年8月刊)76頁
  2. ^ a b 【4月10日】1991年(平3) 中日・森田、41年ぶりの投手初打席初本塁打は決勝弾”. スポニチ. 2008年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月19日閲覧。
  3. ^ 1974~2004プレイバック”. コミュファラジオ. 2016年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月19日閲覧。
  4. ^ 松永多佳倫 (2020年12月16日). “悲運のプロ野球新人王・森田幸一を襲ったゴシップ騒動。ケガ、そして引退”. 日刊SPA!. 2022年1月19日閲覧。
  5. ^ 中学3年生のための野球教室「ビーコンパークスタジアム」”. 2020年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月19日閲覧。
  6. ^ 株式会社ヒューマンドリーム 大阪ホークスドリーム”. 2022年12月1日閲覧。
  7. ^ 株式会社ヒューマンドリーム 大阪ホークスドリーム”. 2022年12月1日閲覧。
  8. ^ https://twitter.com/hawksdream_bb/status/1482520009868214272”. Twitter. 2022年12月1日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集