メインメニューを開く

森田 章(もりた あきら、1949年1月15日 - )は、日本の法学者同志社大学教授学部兼任)。専門は、商法証券取引法法学博士神戸大学、1977年)(学位論文「企業の社会的責任の法的考察」)。旧司法試験考査委員。

目次

人物編集

大阪弁護士会に所属する弁護士でもある。神戸大学法学部及び大学院法学研究科では河本一郎の指導を受けた。

主な業績は、企業の社会的責任論及び投資者保護法制の研究である。

略歴編集

学歴編集

職歴編集

学外における役職編集

著作編集

  • 『現代企業の社会的責任』(商事法務研究会、1978年)
  • 『投資者保護の法理』(日本評論社、1990年)
  • 『企業内容開示制度』(中央経済社、1991年)
  • 『インサイダー取引』(講談社現代新書、1991年)
  • 『会社法辞典』(中央経済社、1994年)
  • 『解説実務書式大系13 企業編4』(三省堂 、1994年)
  • 『現代企業と有価証券の法理(河本一郎先生古稀祝賀)』(有斐閣、1994年)
  • 『企業の社会的責任』(同志社大学出版、1998年)
  • 『逐条・証券取引法―判例と学説』(商事法務研究会、1999年)
  • 『会社法の規制緩和とコーポレート・ガバナンス』(中央経済社、2000年)
  • 『金融サービス法の理論』(有斐閣、2001年)
  • 『現代企業法入門(第3版)』(有斐閣、2002年)
  • 『企業法入門』(有斐閣、2006年)
  • 『日本の会社法(新訂第8版)』(商事法務、2006年)
  • 『日本会社法制への提言』(商事法務、2008年)
  • 『上場会社法入門』(有斐閣、2008年)

外部リンク編集