森田繁

森田 繁(もりた しげる、1959年 - )は日本脚本家、設定考証・特殊設定担当者。スタジオぬえ所属。東京都練馬区出身。早稲田大学法学部卒業。

目次

来歴編集

元々SFファンで、『宇宙戦艦ヤマト』に影響を受け、高校時代よりスタジオぬえ関連のファンダム「SFセントラルアート」に通い始める(同年代の河森正治美樹本晴彦らは慶応義塾高校のグループだった)。大学4先生の頃、ぬえが手がけたムック本『ガンダムセンチュリー』の編集に参加し、そのままぬえに入社した。『超時空要塞マクロス』では前身企画『メガロード』の立ち上げから、アイデア出しのミーティングに参加していた[1]

ガンダムシリーズをはじめとするSFアニメにおいて、登場するメカニック、世界観、その他科学的概念の設定を、現実の知見を取り入れて考証しつつ形作るのがおもな仕事である。メカニックの知識が豊富なことから、脚本家としての仕事もメカニック描写の多いエピソードを任されるという[2]

ガンダム関連の書籍、ムックの解説文や、マスターグレードハイグレード・ユニバーサルセンチュリー、ガンダムSEEDシリーズといった、ガンプラに同梱されている解説書(うんちく文)も執筆している。

ガンダムSEEDとそれ以降に携わったアニメ作品で設定考証として参加した場合は「特殊設定」としてクレジットされている。この肩書きは、本人によれば[3]考証をするよりも独自に設定を作る事が多かったためにガンダムSEEDへの参加時に変更をしてもらった事に由来している。

参加作品編集

テレビアニメ編集

OVA編集

劇場アニメ編集

ドラマCD編集

  • マクロスF ドラマCD「娘ドラ◎
    • マクロスF ドラマCD「娘ドラ◎」ドラ1(第3話脚本)
    • マクロスF ドラマCD「娘ドラ◎」ドラ2(第1話脚本)
    • マクロスF ドラマCD「娘ドラ◎」ドラ3(第3話脚本)
    • マクロスF ドラマCD「娘ドラ◎」ドラ4(第2話脚本)

ムック編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『僕たちが愛した80年代ロボットアニメ』、辰巳出版、2015年、34頁。
  2. ^ 角川書店『公式ガイドブック機動戦士ガンダムSEED-大地の戦士-』掲載のインタビュー。 ISBN 978-4-04-853630-1
  3. ^ ガンダムSEED スタッフリレーコラム - ウェイバックマシン(2007年9月28日アーカイブ分)

関連項目編集

外部リンク編集