メインメニューを開く

森田 義衛(義衞、もりた よしえ、1903年明治36年)11月29日[1] - 1982年昭和57年)10月24日[1][2][3])は、日本の鉄道官僚実業家政治家参議院議員

経歴編集

三重県、後の上野市(現伊賀市)出身[3]水戸高等学校を経て[4]、1934年(昭和4年)3月、京都帝国大学経済学部を卒業[1][2][4][5]。同年に鉄道省に入省し[2]東京鉄道局に配属[4]。同年10月、高等試験行政科試験に合格した[4]

以後、岡崎駅長、下関運輸事務所長、札幌鉄道局業務部長、企画院書記官、運輸通信省企画局課長、東京鉄道局業務部長、運輸省配車課長、新潟鉄道局長、日本国有鉄道運輸支配人、東京鉄道管理局長、国鉄理事、同関東総支配人、鉄道建設審議会委員、日本交通文化協会理事などを務めた[1][2][3]

1953年(昭和28年)4月の第3回参議院議員通常選挙全国区から出馬して当選[2]自由民主党に所属して、参議院議員を1期務めた[1][2][3]。この間、参議院建設委員長などを務めた[2]

その後、名古屋臨海鉄道会社の初代社長に就任した[1][3]。1982年10月、心筋梗塞により渋谷区の中央鉄道病院(現JR東京総合病院)で死去した[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典』628頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』427頁。
  3. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 1980〜1982』324頁。
  4. ^ a b c d 『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、284頁。
  5. ^ 京都帝国大学編『京都帝国大学一覧 昭和4年』京都帝国大学、1929年、740頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典1868-2000』第2版、東京大学出版会、2007年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年。