メインメニューを開く

森 真(もり しん、1940年2月24日 - )は、日本政治家。元各務原市長である。元岐阜県議・社会党岐阜県本部委員長・民主党岐阜代表代行。

森 真
もり しん
生年月日 (1940-02-24) 1940年2月24日(79歳)
出身校 早稲田大学第一法学部卒業
所属政党日本社会党→)
旧民主党→)
無所属
称号 法学士

当選回数 4回
在任期間 1997年5月20日 - 2013年5月19日
テンプレートを表示

岐阜県岐阜市出身で、岐阜県立岐阜高等学校早稲田大学第一法学部卒業。会社員から地元紙の新聞記者を経て、社会党の書記長だった山本幸一の秘書を務めた。2度の落選を経て、1979年岐阜県議会議員選挙に当選し、5期務めたのち、1997年に各務原市長選に立候補し当選。2013年の任期満了に伴う同市長選で新人の浅野健司に敗れ落選するまで4期務めた。公園の整備といった生活環境の向上と、トヨタ自動車の“カイゼン運動”を取り入れるなどの積極的な行財政改革を進めた。また、在任中に韓国春川市と姉妹都市提携を結んだり、各務原キムチが名産となるなど、各務原市を当時ブームだった韓流と結びつけ認知度を高めた。

先代:
平野喜八郎
各務原市長
1997年 - 2013年
次代:
浅野健司