森英樹 (法学者)

日本の憲法学者
森英樹から転送)

森 英樹(もり ひでき、1942年昭和17年)4月23日 - 2020年令和2年)4月26日[1])は、日本の憲法学者名古屋大学名誉教授。専門は憲法。名古屋大学大学院法学研究科教授及び理事・副総長、全国憲法研究会代表、民主主義科学者協会法律部会副理事長、日本学術会議会員等を歴任した[2]三重県出身。

森英樹 (法学者)
人物情報
生誕 (1942-04-23) 1942年4月23日
死没 (2020-04-26) 2020年4月26日(78歳没)
出身校 京都大学法学部卒業
名古屋大学大学院法学研究科
修士課程修了(政治学専攻・憲法)
学問
研究分野 憲法学
研究機関 名古屋大学大学院法学研究科
龍谷大学大学院法務研究科
指導教員 長谷川正安
博士課程
指導学生
本秀紀
学位 法学修士
称号 名古屋大学名誉教授
学会 日本学術会議元会員
全国憲法研究会元代表
民主主義科学者協会法律部会元副理事長
日本民主法律家協会理事
日本公法学会元理事
憲法理論研究会元運営委員
日本法社会学会元理事
テンプレートを表示

略歴編集

略歴は以下のとおり[3]

学歴編集

職歴編集

著作編集

単著編集

  • 『憲法検証 天皇・安保・政党法』(花伝社,1990年)
  • 『主権者はきみだ 憲法のわかる50話〔新版〕』(岩波書店,1997年・初版1991年)
  • 『憲法の平和主義と「国際貢献」』(新日本出版社,1992年)
  • 『これがPKOだ 憲法と国際協力を考える50話』(岩波ジュニア新書)(岩波書店,1993年)
  • 『検証 論理なき「政治改革」』(大月書店,1993年)
  • 『憲法のこころに耳をすます』(かもがわ出版,1997年)
  • 『国際協力と平和を考える50話』(岩波ジュニア新書)(岩波書店,2004年)
  • 『大事なことは憲法が教えてくれる 日本国憲法の底力』(新日本出版社,2015年)

訳書編集

編著編集

  • 『政党国庫補助の比較憲法的総合的研究』(柏書房,1994年)
  • 『市民的公共圏形成の可能性 比較憲法的研究をふまえて』(日本評論社,2003年)
  • 『現代憲法における安全 比較憲法学的研究をふまえて』(日本評論社,2009年)
  • 『集団的自衛権行使容認とその先にあるもの』(別冊法学セミナー)(日本評論社,2015年)
  • 『安保関連法総批判 憲法学からの「平和安全」法制分析』(別冊法学セミナー)(日本評論社,2015年)

共著編集

共編著編集

  • (長谷川正安・有倉遼吉)『文献選集日本国憲法13・憲法改正論』(三省堂,1977年)
  • (浦部法穂・大久保史郎・山口和秀)『現代憲法講義〈2〉[演習編]』(法律文化社,1989年)
  • 浜林正夫)『歴史のなかの日本国憲法 世界史から学ぶ』(地歴社,1996年)
  • (樋口陽一・高見勝利辻村みよ子)『憲法理論の50年』(日本評論社,1996年)
  • 倉持孝司)『新・あたらしい憲法のはなし』(日本評論社,1997年)
  • (水島朝穂・渡辺治)『グローバル安保体制が動きだす あたらしい安保のはなし』(日本評論社,1998年)
  • (樋口陽一・高見勝利・辻村みよ子)『国家と自由』(日本評論社,2004年)
  • 青木みか)『平和をつむぐ 平和憲法を守る9人の手記』(風媒社,2011年)
  • (樋口陽一・高見勝利・辻村みよ子)『国家と自由・再論』(日本評論社,2012年)
  • 白藤博行愛敬浩二)『 3・11と憲法』(日本評論社,2012年)
  • 杉原泰雄・樋口陽一)『戦後法学と憲法 歴史・現状・展望 長谷川正安先生追悼論集』(日本評論社,2012年)

講演録編集

  • (森英樹講演会実行委員会・編)『壊憲に向かう安倍政権の暴走と矛盾 森英樹講演録』(ほっとブックス新栄,2014年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “訃報  森英樹先生(当研究所客員研究員)、ご逝去のお知らせ”. 法学館 憲法研究所 HP. (2020年4月29日). http://jicl.jp/jimukyoku/backnumber/20200429.html 2020年4月30日閲覧。 
  2. ^ 民主主義科学者協会法律部会役員名簿・第20期(2002秋~2005秋)
  3. ^ 龍谷法学第43巻第3号(金城清子教授・森英樹教授・萬井隆令教授退職記念論集)”. 龍谷大学法学会. 2011年11月19日閲覧。


先代:
野中俊彦
全国憲法研究会代表
2005年 - 2007年
次代:
芹沢斉