森薗政崇

日本の卓球選手 (1995-)

森薗 政崇(もりぞの まさたか、1995年4月5日 - )は、日本代表のプロ卓球選手。東京都西東京市出身。PR親善大使。明治大学政治経済学部卒業。身長160cm[1]、体重50kg[1]。血液型はA型。左シェークドライブ型ITTF世界ランキング最高位は男子ダブルス1位。混合ダブルス2位。U21男子シングルス2位。ジュニア男子シングルス4位。カデット男子シングルス4位。日本人初のユニバーシアード男子シングルスの世界チャンピオン。日本人初2連覇。段級位は7段。ボブソン所属。Tリーグ静岡ジェード所属。姉は卓球選手の森薗美咲、従妹は森薗美月である[4][5]。全日本選手権男子ダブルス混合ダブルス2連覇。ダブルスの名手。

森薗政崇
BOBSON / 静岡ジェード 選手兼監督 No.45
2017ドイツオープンの森薗政崇
基本情報
よみがな もりぞの まさたか
ラテン文字 MORIZONO Masataka
愛称 バカリズム[要出典] カーレイサー[要出典] ぞのる[2] 左の上腕二頭筋化け物[要出典] 美鷹クラブの王子様[3]
生年月日 (1995-04-05) 1995年4月5日(29歳)
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都の旗東京都西東京市
血液型 A型
身長 161[1]cm
体重 50[1]kg
血縁者 森薗誠(父) 森薗美咲(姉) 森薗美月(従妹)
選手情報
最高世界ランク 男子ダブルス1位 混合ダブルス2位 U21男子シングルス2位 ジュニア男子シングルス4位 カデット男子シングルス4位 男子シングルス21位 (2018年5月)
現在世界ランク 105位 (2022年11月8日)
段級位 7段
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット 張本智和インナーフォースALC
フォア面ラバー テナジー05
バック面ラバー ファスタークG-1
シューズ ウエーブファングプロ(ミズノ)
戦型 左シェークドライブ主戦型
ITTFサイト WTTプロフィール
経歴
学歴

青森山田高校

明治大学政治経済学部
所属歴 ボブソン
2016-18 グリューンヴェッターズバッハドイツ語版 ドイツの旗
2018-22 岡山リベッツ
2023- 静岡ジェード
代表 日本の旗 日本代表 2015,2017
ITTFワールドツアー戦歴
デビュー 2009
生涯成績 420試合 307勝 勝率73%
世界卓球選手権戦歴
出場大会数 4
初-最終出場 2015 - 2022
国内戦歴
受賞歴
上月スポーツ賞 2017
獲得メダル
日本の旗 日本
男子卓球
世界卓球選手権
2017 デュッセルドルフ 男子ダブルス
グランドファイナル
2013 ドバイU21 男子シングルス
2015 リスボン 男子ダブルス
2017 アスタナ 男子ダブルス
2016 ドーハ 男子ダブルス
2018 仁川 男子ダブルス
2018 仁川 混合ダブルス
アジア卓球選手権
2015 パタヤ 男子ダブルス
2015 パタヤ 男子団体
2017 無錫 混合ダブルス
ユニバーシアード
2015 光州 男子団体
2015 光州 男子ダブルス
2015 光州 男子シングルス
2017 台北 男子シングルス
2017 台北 男子ダブルス
2017 台北 男子団体
世界ジュニア選手権
2013 ラバト 男子団体
2013 ラバト 男子シングルス
世界ジュニアサーキットファイナル
2013 グアテマラ 男子シングルス
アジアジュニア選手権
2013 ドーハ 男子団体
2013 ドーハ 男子シングルス
東アジアホープス
2007 大阪 男子団体
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

経歴

編集

小学校までは自身の親が経営する美鷹クラブに所属。その後、青森山田中学校・青森山田高等学校明治大学を卒業。ボブソン所属。Tリーグでは静岡ジェード所属(監督兼任)。

2013年に、全日本ジュニアの部男子シングルスで優勝。

2014年の全日本選手権男子ダブルスでは同じ青森山田高校の後輩である三部航平とペアを組み、決勝で水谷隼岸川聖也ペアと対戦し勝利。史上2組目となる高校生ペアでの優勝を果たす。 翌年の2015年にも同じく三部航平とペアを組み出場し、決勝は2年連続同じ顔合わせとなった水谷隼・岸川聖也ペアと対戦し勝利。2連覇を達成した。

2015年7月6〜13日、韓国の光州で行われた第28回ユニバーシアード夏季大会男子シングルスで優勝しユニバーシアード卓球競技シングルス種目における日本勢初の金メダルを獲得した。

2015ワールドカップ団体戦、初出場でベスト8の成績を残した。

2015世界卓球選手権蘇州大会では男子ダブルス大学生ペアで初出場を果たした。準々決勝では金メダルを獲得した中国選手ペアを3-3で先にマッチポイントを握ってからの大逆転負けをし悔しい思いをしたが、大学生ペア初出場とは思えない強さで世界を驚かせた。練習場のサブアリーナにはこの歴史が変わるかもしれない試合を見るために誰も居なかったという。

ポルトガルのリスボンで行われたITTFワールドツアーグランドファイナルの男子ダブルスでは大島祐哉とペアを組み、1996年第1回大会以来初となる日本ペアのグランドファイナル男子ダブルス優勝。

2017年現在2期ぶりにドイツのブンデスリーグでプレーしており前半は結果が振るわなかったが後半は10連勝を上げるなどリーグトップの成績を残した[6][7]。8月2017年夏季ユニバーシアードでシングルスで前回大会に続き2連覇を達成、大島と組んだダブルスでも優勝、団体準優勝と活躍した。10月の全日本学生総合選手権では、シングルスにおいて前年の世界ジュニア代表の松山祐季、同年の世界選手権代表の田添健汰、全日本選手権2位の吉村和弘を破り2年ぶり3度目の優勝を果たした。

2019年3月、2019年の世界選手権ブダペスト大会日本代表最終選考会で優勝し初のシングルスの代表権を獲得した。シングルスでは3回戦で敗れ、ダブルスでは大島祐哉とのペアで2回戦、混合ダブルスでは伊藤美誠とのペアで準々決勝敗退した。12月、2020年の世界選手権釜山大会日本代表最終選考会で優勝し代表権を獲得した。

2019年11月25日 西東京市PR親善大使に任命された。

人物

編集

プロ卓球選手として活動しながら、代表取締役社長を務めている。

11歳の時、コブクロの「君という名の翼」という曲のプロモーションビデオに父とともに出演している[8]

プレースタイル

編集

チキータレシーブから前陣に張り付いて速い打点の両ハンドドライブで攻めていく。股関節が柔らかく、素早いフットワークが特徴である。 左利きの為、ダブルスが得意で大島と組むことが多い。

成績

編集
 
2017ITTFワールドツアードイツオープンの森薗政崇
2003年
2004年
2005年
  • 全日本卓球選手権大会カブの部 優勝、(ホープス・カブ・バンビの部)ベスト16、(カデットの部)ベスト16
  • 東アジアグランプリホープス大会 日本男子Aチーム4位
2006年
2007年
  • 全日本卓球選手権大会 カデットの部 13歳以下男子シングルス 優勝
  • 全日本ホープス 優勝
  • ワールドジュニアサーキット 団体・カデット 準優勝
  • 日中交歓卓球大会 男子ダブルス ベスト8
  • 東アジアグランプリホープス 準優勝(日本男子Aチーム)
2008年
2009年
  • 全日本卓球選手権大会カデットの部 男子ダブルス 優勝、男子シングルス ベスト8
  • 全国中学校大会 男子シングルス 準優勝、男子団体 優勝
  • オーストラリアジュニアオープン カデット男子シングルス 優勝、ジュニア男子シングルス 3位、ジュニア男子ダブルス 3位、ジュニア男子団体 3位
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
  • ITTFワールドツアー ポーランドオープン 男子ダブルス 優勝(大島祐哉ペア)
  • ITTFワールドツアー ドイツオープン 男子ダブルス 優勝(大島祐哉ペア)
  • ITTFワールドツアーグランドファイナル 男子ダブルス 準優勝(大島祐哉ペア)
2017年
2018年
  • 平成29年度全日本卓球選手権大会 混合ダブルス 優勝(伊藤美誠ペア)
  • ITTFチャレンジ・タイオープン 男子シングルス 準優勝
  • ITTFワールドツアー 中国オープン 混合ダブルス 準優勝(伊藤美誠ペア)
  • ITTFワールドツアーグランドファイナル 男子ダブルス 3位(大島祐哉ペア)、混合ダブルス 3位(伊藤美誠ペア)
2019年
2020年
2021年
2023年

Tリーグの成績

編集
所属チーム 背番号 種目 試合数 勝利 敗戦 種目 試合数 勝利 敗戦
2018-19 岡山リベッツ #45 シングル 7試合 6勝 1敗  ダブルス 21試合 16勝 5敗
2019-20 岡山リベッツ #45 シングル 16試合 6勝 10敗  ダブルス 17試合 8勝 9敗
2020-21 岡山リベッツ #45 シングル 12試合 7勝 5敗  ダブルス 17試合 7勝 10敗

受賞

編集

テレビ番組

編集
  • 中居正広の5番勝負(2018年4月3日、日本テレビ)[9]
  • ジャンクSPORTS 注目選手続々!卓球SP(2019年2月17日、フジテレビ)[10]
  • ジャンクSPORTS スポーツ名門校SP(2020年2月23日、フジテレビ) - 廃部危機にあった母校青森山田中学高等学校卓球部を姉の森薗美咲と共に訪問しリポートした[11]
  • ジャンクSPORTS プロVS天才キッズスペシャル(2020年3月1日、フジテレビ)[12]
  • ジャンクSPORTS プロvs天才キッズSP(2020年8月16日、フジテレビ)[13]
  • ジャンクSPORTS レジェンドからニュースターまで注目の卓球選手が集結(2020年11月22日、フジテレビ)[14]
  • 炎の体育会TV 注目の男子卓球選手4人(2020年12月10日、TBS)[15]
  • ジャンクSPORTS 特別編イレロで一流アスリートと人気芸能人が激突!(2021年3月14日、フジテレビ)[16]
  • 卓球ジャパン! 全日本選手権男子決勝を戦った当人たちがDEEP解説!!(2021年3月20日、BSテレ東)[17]
  • 卓球ジャパン! 今注目の海外選手特集!森薗政崇が熱弁!(2023年7月8日、BSテレ東)[18]

脚注

編集
  1. ^ a b c d 卓球部 世界卓球ダブルス銀・森薗 特別インタビュー「僕の卓球人生、ここが分岐点」…明大スポーツWEB 明大スポーツ-明治大学のスポーツ新聞
  2. ^ 卓球日本代表・森薗政崇、ジャンクSPORTSに続き家でも「ゾノる」”. Rallys (2020年8月19日). 2021年6月30日閲覧。
  3. ^ 色々とおもろいな”. 吉田雅己Twitter (2020年9月18日). 2021年6月30日閲覧。
  4. ^ 卓球・森薗政崇「姉に感銘を受けた」”. Rallys(ラリーズ) (2020年4月10日). 2021年5月29日閲覧。
  5. ^ 森薗美咲、政崇、美月の壮絶卓球人生。「父は星一徹のように厳しかった」”. sportiva (2018年10月24日). 2021年6月29日閲覧。
  6. ^ ブンデスL参戦キツいけど成長実感/森薗政崇 - 300人リレーコラム - 五輪コラム : 日刊スポーツ
  7. ^ 卓球日本代表・森薗政崇がドイツから帰国「メンタル的に成長できた」 : スポーツ報知
  8. ^ あおもり発・東京五輪への道:/6止 卓球 遅咲きの天才少年/青森 毎日新聞青森県版 2014年1月10日付
  9. ^ 中居正広の5番勝負 - 日テレ 2018年4月3日
  10. ^ 卓球・張本智和、初出演の『ジャンクSPORTS』に緊張 浜田が迫る - マイナビニュース 2019年2月14日
  11. ^ ジャンクSPORTSに森薗美咲・政崇が出演 名門復活へ母校・青森山田高を訪問 - Rallys 2020年2月25日
  12. ^ 吉村真晴が『ジャンクSPORTS』で“天才キッズ兄弟”と対決 小野伸二、川上憲伸も出演 - SPREAD 2020年2月28日
  13. ^ 【プロvs天才卓球三つ巴対決▽ボウリング界の神童参戦】 - Ameba 2020年8月16日
  14. ^ 「大声」出すことはやめられない?卓球・森さくらが明かす試合中の習慣 - FNNプライムオンライン 2020年11月22日
  15. ^ 炎の体育会TV 注目の男子卓球選手4人 - TBS 2020年12月10日
  16. ^ ジャンクSPORTS【特別編イレロで一流アスリートと人気芸能人が激突!】 - Nittaku 2021年3月10日
  17. ^ 全日本選手権男子決勝を戦った当人たちがDEEP解説!! - Nittaku 2021年3月18日
  18. ^ 今注目の海外選手特集!森薗政崇が熱弁! - Nittaku 2023年7月7日

外部リンク

編集