森 裕之(もり ひろゆき、1967年 - )は、日本の財政学者立命館大学政策科学部教授[1]。専門は地方財政論、地方自治論、公共政策論。

略歴編集

大阪生まれ[1]1990年大阪市立大学卒業[2]1993年に同経営学研究科後期博士課程中退後、高知大学助手・専任講師、大阪教育大学専任講師・助教授、立命館大学助教授等を経て教授。 2008年に立命館大学で博士号(政策科学)取得。2009年『公共事業改革論』で日本地方財政学会佐藤賞(著作の部)受賞[3]

著書編集

単著編集

  • 森裕之(2008)『公共事業改革論』有斐閣

共著編集

  • 平岡和久、森裕之(2003)『Q&A 地方財政構造改革とはなにか』自治体研究社
  • 平岡和久、森裕之(2005)『検証「三位一体の改革」』自治体研究社
  • 森裕之、平岡和久(2006)『都市自治体から問う地方交付税』自治体研究社
  • 平岡和久、森裕之、初村尤而(2008)『財政健全化法は自治体を再建するか』自治体研究社
  • 平岡和久、森裕之(2010)『検証・地域主権改革と地方財政』自治体研究社
  • 見上崇洋、森裕之、吉田友彦高村学人(2011)『地域共創と政策科学』晃洋書房
  • 城塚健之尾林芳匡、森裕之、山口真美(2014)『これでいいのか 自治体アウトソーシング』自治体研究社
  • 冨田宏治梶哲教柏原誠、森裕之(2017)『初歩からわかる 総合区・特別区・合区』自治体研究社

脚注編集

  1. ^ a b 森 裕之 | 教員紹介 | 学部紹介 | 政策科学部 | 立命館大学”. www.ritsumei.ac.jp. 2019年2月3日閲覧。
  2. ^ 立命館大学 政策科学部  政策科学科  森  裕之”. research-db.ritsumei.ac.jp. 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ 森裕之教授の著作が日本地方財政学会から学会賞(佐藤賞)を受賞”. www.ritsumei.jp. 2019年2月3日閲覧。