メインメニューを開く

森記念秋水美術館(もりきねんしゅうすいびじゅつかん、MORI SHUSUI MUSEUM OF ART)は、富山県富山市千石町に所在する全国でも数少ない刀剣に関する美術館日本博物館協会、富山県博物館協会会員。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 森記念秋水美術館
MORI SHUSUI MUSEUM OF ART
Mori Shuhei Museum of Art.jpg
森記念秋水美術館の位置(富山県内)
森記念秋水美術館
富山県内の位置
施設情報
館長 浅地 豊[1]
建物設計 三四五建築研究所
延床面積 2,078m2
開館 2016年平成28年)6月11日
所在地 930-0066
富山県富山市千石町1丁目3番6号
位置 北緯36度41分14.5秒
東経137度12分42秒
座標: 北緯36度41分14.5秒 東経137度12分42秒
外部リンク 森記念秋水美術館ホームページ
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

富山市中心市街地の賑わいを創生しようと、富山の医薬品メーカー「リードケミカル」の取締役社長で日本美術刀剣保存協会富山県支部長でもある現名誉館長 森政雄が[1]、長年に渡り収集してきた約200点の刀剣、刀装具並びに1,000点以上の陶芸品・絵画を展示するため設立、2016年平成28年)6月11日に開館した、甲冑)をイメージした趣のある墨色のアルミ製外観の、鉄筋コンクリート造り地上4階建ての美術館である。なお「秋水」には曇りのないよく研ぎ澄ました刀という意味がある。

国の重要文化財に指定されている虎徹正宗、数多くの重要美術品、特別重要刀剣、重要刀剣に指定されている刀剣、越中(富山)の名刀工であった則重郷義弘の刀剣、その他、刀装具や甲冑(鎧)、、また横山大観川合玉堂竹内栖鳳小磯良平徳田八十吉などの日本の近代美術を代表する画家陶芸家の作品、中国の陶芸などを所蔵展示している。

また、俳優菅原文太が同美術館に寄贈した短刀など31本も収蔵している[2]

主な所蔵作品編集

刀剣・刀装具編集

重要文化財編集

  • 刀「銘 住東叡山忍岡辺長曾祢虎入道 寛文拾一年二月吉祥日(虎徹)」1671年寛文11年)
  • 脇差「無銘 伝・正宗」鎌倉時代末期
  • 太刀「銘 一 助成 □の中に造」鎌倉時代前期
  • 太刀「銘真守造/」鎌倉時代
  • 太刀「銘 次忠」

絵画編集

工芸編集

  • 荒木東明「粟穂図大小縁頭 一斎東明(花押)」江戸末期
  • 三代目 徳田八十吉「れい明」1995年

展示室・施設編集

  • 1階 - ロビー、受付、ギャラリー(北陸ゆかりの作家などの作品を展示)、研修室(和室)「霜華(そうか)」、ミュージアムショップ、喫茶室「和Cafe Shusui」、庭園、無料駐車場(28台)
  • 2階 - 鑑賞室(常設展示室) 日本刀・鐔〔つば〕・甲冑や小道具などを常設展示、情報コーナー
  • 3階 - 鑑賞室(企画展示室) 絵画・書・陶芸品などの展示および企画展示

開館時間および休館日編集

開館時間
  • 午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日

観覧料編集

交通アクセス編集

森記念秋水美術館を含む、富山市市街地の美術館博物館・観光施設を巡る周遊バス。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『県水墨 館長に中川氏 県内公立美術館で女性初』北日本新聞 2017年3月25日40面
  2. ^ 「刀剣の殿堂富山に開館 森記念秋水美術館 国重文など200点収集」北日本新聞 2016年6月12日32面

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集