メインメニューを開く

森野 安弘(もりの やすひろ、1933年(昭和8年)12月8日[1] - )は、東京都出身の軍事評論家、元陸上自衛官(最終階級は陸将)。

森野 安弘
生誕 (1933-12-08) 1933年12月8日(85歳)
東京都
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1957 - 1991
最終階級 陸将
除隊後 軍事評論家
テンプレートを表示

目次

来歴編集

  • 1991年(平成3年)に退官の後、『森野軍事研究所』を開所、同所の所長となる[要出典]

主な著書編集

いずれも「森野軍事研究所」として出版。

  • 『次世代の陸上自衛隊』かや書房、1996年2月
  • 『邦人救出作戦 朝鮮半島有事』かや書房、1998年6月
  • 『チャイナ・ウエーブ―激動のアジア』かや書房、2000年5月
  • 『「国を守る」とはどういうことか』阪急コミュニケーションズ、2001年11月

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.292

外部リンク編集