メインメニューを開く

森野 鍛冶哉(もりの かじや、1905年 - 没年不詳[1])は、日本俳優である。本名守内 守治郎(もりうち もりじろう)。新宿ムーランルージュ新宿座から映画界へ登場、現代劇のコメディを得意とし、大作の時代劇にも顔を出した。

もりの かじや
森野 鍛冶哉
本名 守内 守治郎
出生地 福井県
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優
活動期間 1931年 - 1947年
テンプレートを表示

経歴編集

1905年(明治38年)、福井県に生まれる[1]

その後上京し、1931年(昭和6年)12月31日にオープンした東京府東京市淀橋区角筈(現在の東京都新宿区新宿三丁目)のムーランルージュ新宿座に26歳で参加し、有馬是馬らとともに活躍した。1933年(昭和8年)、穂積純太郎原作の『失業侍気質』では主演を張る。同年、発足当初のP.C.L.映画製作所に引き抜かれ、専属俳優となる[1]

1934年(昭和9年)3月には東京宝塚劇場の専属俳優になり、『さくら音頭』などのヴァラエティショーに数多く出演し、それと平行してP.C.L.や京都にあったJ.O.スタヂオ製作の映画に出演する。また、後に劇団新喜劇に参加する。1942年(昭和17年)に9年を過ごした東宝を去り、二代目渋谷天外浪花千栄子らの松竹家庭劇に参加する[1]

第二次世界大戦後の1946年(昭和20年)に松竹家庭劇が分裂し、森野は京都入りする。大映京都撮影所で『殴られたお殿様』等に出演していたが、1947年(昭和22年)4月15日に公開された片岡千恵蔵主演映画『龍虎伝』を最後に銀幕から姿を消し、それ以後の消息は杳として判っていない。

フィルモグラフィ編集

P.C.L.映画製作所
東宝映画京都撮影所
大映京都撮影所

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『日本映画俳優全集・男優編』(キネマ旬報社、1979年)の「森野鍛冶哉」の項(p.593)を参照。同項執筆は園崎昌勝

外部リンク編集