森 長孝(もり ながたか)は、江戸時代中期の大名播磨国赤穂藩2代藩主。官位従五位下志摩守。赤穂藩森家8代。

 
森長孝
時代 江戸時代中期
生誕 元禄7年(1694年
死没 享保8年10月30日1723年11月27日
改名 九一郎、長孝
別名 帯刀
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従五位下志摩守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
播磨赤穂藩
氏族 森氏
父母 森三隆森長継七女兼
森長直
兄弟 於力、長孝
森長直
長生
テンプレートを表示

略歴編集

元禄7年(1694年)、藩主森家の家老森三隆の三男として森家の津山藩時代に津山にて誕生。幼名は九一郎。帯刀。母は先代藩主の父森長継の七女で、先代藩主森長直の姪に当たる。

享保4年(1719年)、先代藩主・長直の婿養子となる。享保7年(1722年)、長直の死去により跡を継いだが、翌年10月30日に30歳で死去し、跡を養嗣子の長生が継いだ。墓所は東京都渋谷区広尾の祥雲寺

系譜編集