メインメニューを開く

森 鹿三(もり しかぞう、1906年11月5日[1] - 1980年8月10日[2])は、日本の東洋史学者

神戸市生まれ。1929年京都帝国大学文学部東洋史学科卒。京都大学人文科学研究所教授、所長。1961年「居延漢簡の古文書学的研究」で京大文学博士。70年定年退官名誉教授佛教大学教授。[3]水経注』の訳で知られた。

目次

著書編集

  • 『東洋学研究 歴史地理篇』森博士定年退官記念事業会編 東洋史研究会 1970
  • 『本草学研究』武田科学振興財団杏雨書屋 1999

共編編集

校注・訳編集

記念論集編集

  • 『森鹿三博士頌寿記念論文集』佛教大学歴史研究所森鹿三博士頌寿記念会編 同朋舎出版 1977

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1096頁。
  2. ^ 『人物物故大年表』
  3. ^ 『分裂の時代』著者紹介