メインメニューを開く

植場 鉄三(うえば てつぞう、1894年明治27年)1月22日[1] - 1964年昭和39年)1月30日[2])は、日本拓務官僚実業家

経歴編集

大阪府に郡正光の子として生まれ、衆議院議員植場平の養子となった[1]1921年大正10年)、京都帝国大学経済学部を卒業し、翌年に高等試験に合格した[1]秋田県平鹿郡長、同農林課長、同庶務課長、同知事官房主事、長崎県事務官・社会課長、兵庫県事務官・社会課長、樺太庁農林部長などを務めた[1]1933年(昭和8年)より拓務書記官・農林課長、拓務大臣秘書官・官房秘書課長、管理局長、殖産局長を歴任[1]1941年(昭和16年)8月に退官するが、12月に拓務次官として復帰した[1]

1943年(昭和18年)より中支那振興株式会社副総裁を務め、翌年には内閣綜合計画局長官に就任した[2]

戦後は呉羽紡績株式会社社長、東洋パルプ株式会社社長を務めた。

脚注編集

参考文献編集

  • 日本官界情報社編 『日本官界名鑑 昭和十七年版』 日本官界情報社、1942年。
  • 戦前期官僚制研究会編 『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』 東京大学出版会、1981年。