植村 東彦(うえむら はるひこ、1881年明治14年)4月25日[1][2] - 1964年昭和39年)5月18日[1][2])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴編集

茨城県出身[1]。植村茂の長男として生れる[1]1899年(明治32年)7月、学習院中等科を首席で卒業し、1901年(明治34年)11月、陸軍士官学校(13期)を卒業[1][2][3]。翌年6月、砲兵少尉に任官し近衛野砲兵連隊付となる[1][3]1907年(明治40年)12月、陸軍砲工学校高等科を卒業[1]。さらに1908年(明治41年)9月、陸軍派遣学生として東京帝国大学に入学し、1911年(明治44年)7月、同大工科大学応用化学科を卒業し東京砲兵工廠付となった[1][4]

1916年(大正5年)5月から翌年1月まで欧米に出張[1]1920年(大正9年)8月、砲兵中佐に昇進し東京砲兵工廠砲具製造所長に就任[1][4]1924年(大正13年)2月、砲兵大佐に進級し、同年5月、東京精器製造所長に発令[1][4]。同年8月、陸軍省兵器局工政課長に転じた[1][4]1926年(大正15年)10月、陸軍技術本部員となり欧米に出張[1][4]。技術本部付を経て、1928年(昭和3年)3月、兵器局銃砲課長に就任した[1][4]

1929年(昭和4年)8月、陸軍少将に進級し技術本部第1部長となる[1][2][4]1930年(昭和5年)5月、兵器局長に就任[1][2][4]1933年(昭和8年)8月、陸軍中将に進んだ[1][2][4]1934年(昭和9年)8月、陸軍造兵廠長官に発令された[1][2][4]。しかし、1936年(昭和11年)4月、造兵廠首席陸軍技師(勅任官)西村文雄と共に兵器納入業者から賄賂を受け取ったとして逮捕され待命となり、同年7月、予備役に編入された[1][2]1937年(昭和12年)4月、懲役2年6ヶ月、罰金43,070円の判決を受けた[1]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『日本陸海軍総合事典』第2版、26頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官辞典』120頁。
  3. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』175、178頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』178頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。