植村氏(うえむらし)は、日本氏族のひとつ。

植村氏
家紋
丸に一文字割桔梗まるにいちもんじわりききょう
桔梗ききょう
本姓 清和源氏土岐氏流
家祖 植村氏義
種別 武家
華族子爵
出身地 美濃国
主な根拠地 遠江国植村
大和国
著名な人物 植村家存
植村家次
植村氏明
SHOCK EYE(植村家浩)
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

三河松平氏(後の徳川氏)に仕え、江戸時代初期に大名大和高取藩家)となった一族が著名である。出自を土岐氏の一族と称している。主な人物としては松平清康松平広忠の松平氏2代に亘って近侍したため、主君の暗殺の現場に二度も同席することになった新六郎氏明(栄安、家次)がある。他に氏明の子で、徳川家康に仕え清洲同盟の成立に貢献した出羽守家存(家政、栄政)、松平信康に仕えた植村家次(氏明の孫)などがいる。

古参の譜代家臣でありながら、信康の自刃により一時離散した家次の影響で、江戸幕府成立の当初では大身旗本の身分にとどまった。その後は、家次の子の植村家政の代に大名となり、以降は譜代大名として明治維新まで存続した。

安祥七譜代編集

安祥松平家(松平宗家・徳川)の安祥城居城時代以来の最古参家臣、その代表的な七家の一つに挙げられており柳営秘鑑柳営鑑)の御普代之列には、下記のように記述がある。

御普代之列
一、三河安祥之七御普代、酒井左衛門尉、元来御普代上座、
    大久保本多、元来田ニ作、中興ニ至テ美濃守故有之多ニ改[1]阿部石川青山植村西口、いろいろな右七家を云
    又ハ或ハ酒井、大久保、本多、大須賀、家筋無、榊原平岩、植村 共イエリ。
一、三河岡崎御普代、井伊、榊原、鳥居、戸田、永井、水野、内藤、安藤、久世
    元来大須賀ノ出成候、井上、同上、阿部、秋本、渡邊、伊丹、家筋残候、屋代、同上、此十六家ヲ云

系譜編集

太字は当主。実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。*は同一人物。
植村氏義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[出羽守家]
氏明
[土佐守家]
泰基
小夜
 
 
 
本多忠高
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家存[旗本]
泰忠
忠勝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家次
 
 
泰勝[旗本]
政泰
忠政
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[高取藩主家]
家政
 
 
 
泰朝則泰栄寿院
 
 
 
有馬直純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家貞[旗本]
政春
[勝浦藩主家]
忠朝
康純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政成家言[旗本]
政明
[旗本]
正澄
政勝正朝[旗本]
忠元
清純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家敬*家敬*政広恒朝
[連座改易]
有準
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高堅家道*稲之助家包*家包*[五郎八家]
寿朝[系 1]
[名跡再興]
千吉
[改易]
孝純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大村純保家道*泰高[系 2]本多忠可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純鎮家久家長*佐野義行家利*忠居
 
 
 
 
 
 
 
純昌家長*忠鄰
 
 
 
 
 
 
 
植村家興*家利*植村家壷*
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家教家貴*
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家理*家貴*
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家理*家興*
 
 
 
 
 
 
 
家保*
[系 3]
 
 
 
 
 
生子
[系 4]
 
 
 
[子爵家]
家壷*
 
 
 
 
 
 
 
家治
 
 
 
家隆
 
 
 
家顯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家政家浩
(SHOCK EYE)
家敏
  1. ^ 出羽庄内藩主酒井忠寄の4男。
  2. ^ 内藤正熹の子。
  3. ^ 近江膳所藩主本多康禎の7男。
  4. ^ 陸奥八戸藩主南部信順の養女。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 本多氏はもともと本田と称したが、中興に至って美濃守の由来により本多に改めたという意味か

関連項目編集