植村直己物語」(うえむらなおみものがたり)は1986年6月7日に公開された日本映画。製作は毎日放送電通。配給は東宝カラービスタビジョンサイズ。上映時間は140分。

植村直己物語
監督 佐藤純弥
脚本 岩間芳樹
佐藤純彌
原作 植村直己
製作 斎藤守慶
木暮剛平
製作総指揮 高木一見
音楽 ウィンダム・ヒル
村井邦彦
ウイリアム・アッカーマン
撮影 並木宏之
阿久津悦夫
編集 鈴木晄
製作会社 毎日放送
電通
配給 東宝
公開 日本の旗 1986年6月7日
上映時間 140分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 13億5000万円[1]
テンプレートを表示

スタッフ編集

製作スタッフ編集

植村直己物語撮影隊編集

『植村直己物語』では数々の極地ロケのために当時の一流の登山家が集められ、カメラマンを含む11名の撮影隊が組成された。1985年10月30日、隊員のうち7名ものメンバーがエベレストに登頂した。しかし下山中3名が遭難しかけた。

キャスト編集

受賞歴編集

脚注編集

参考文献編集

  • 佐藤純彌、聞き手:野村正昭 + 増當竜也『映画監督 佐藤純彌 映画 (シネマ) よ憤怒の河を渉れ』DU BOOKS(原著2018年11月23日)。ISBN 978-4866470764

外部リンク編集