メインメニューを開く

植松 寿樹(うえまつ ひさき、明治23年(1890年2月16日 - 昭和39年(1964年3月26日)は、大正昭和期の歌人。『沃野』を創刊・主宰した。

植松 寿樹
誕生 (1890-02-16) 1890年2月16日
東京府東京市四谷区舟町(現・東京都新宿区舟町
死没 (1964-03-26) 1964年3月26日(74歳没)
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 慶應義塾大学理財科卒業
ジャンル 短歌
所属 沃野短歌会
テンプレートを表示

目次

経歴編集

東京市四谷区舟町(現・東京都新宿区舟町)生まれ[1]

大正3年(1914年)に中学時代から『国民文学』立ち上げに窪田空穂らと共に参加。大正6年(1917年慶應義塾大学理財科卒業後、大阪加島銀行を経て、大倉商事大阪支店に勤務。この間「五月会」を起こす。同10年退職し、朝鮮満州を旅行した末、旧制中学校国語教諭となる。

第一次世界大戦後の昭和21年(1946年)に歌誌『沃野(よくや)』を創刊・主宰。富小路禎子三枝昂之三枝浩樹らが参加した。沃野社を立ち上げて沃野賞等を主催。没年まで主宰して後進の指導にあたる他、「万葉集」や橘曙覧に関する業書も手がけた。門人に中島耕一など。

墓所は九品仏浄真寺日本近代文学館に「植松寿樹文庫」がある。

著書編集

歌集編集

  • 『光化門』(紅玉堂書店、1927年)
  • 『枯山水』(砂子屋書房、1939年)
  • 『稗畑』(砂子屋書房、1940年)
  • 『庭燎』(砂子屋書房、1940年)
  • 『渦若葉』(沃野社、1950年)
  • 『白玉の木』(新星書房、1964年)
  • 『植松壽樹全歌集』(新星書房、1976年)

その他編集

  • 『橘曙覽歌集』(紅玉堂書店、1926年)
  • 『江戸秀歌』(春秋社、1959年)

脚注編集

  1. ^ 植松寿樹日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」コトバンク 2018年7月9日閲覧。

参考文献編集

  • 「研究資料現代日本文学:短歌」 明治書院 1981年