メインメニューを開く

植水村(うえみずむら)は、かつて埼玉県北足立郡にあった村で、現在はさいたま市西区の一部となっており、学校名などに植水の名が見られる。

植水村
廃止日 1955年1月1日
廃止理由 編入合併
春岡村七里村片柳村植水村
馬宮村指扇村大宮市
現在の自治体 さいたま市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
北足立郡
面積 5.18km2.
総人口 3,525
(住民登録人口、1954年7月1日)
隣接自治体 埼玉県:大宮市、北足立郡与野町
大久保村馬宮村指扇村
植水村役場
所在地 埼玉県植水村大字植田谷本[1]
 表示 ウィキプロジェクト

歴史編集

沿革編集

遺構編集

 
村役場跡(植水支所・植水公民館)の敷地に現存する植水村道路元標

植水村道路元標が村役場跡(現在の植水支所・植水公民館)の敷地に現存する。

脚注編集

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104

関連項目編集