メインメニューを開く

検事 霞夕子』(けんじ かすみゆうこ)は、夏樹静子の短編推理小説のうち検事・霞夕子を主人公とする作品群。

目次

シリーズ一覧編集

「螺旋階段をおりる男」所収
予期せぬ殺人
螺旋階段をおりる男
白い影
「夜更けの祝電」所収
橋の下の凶器
早朝の手紙
知らなかった
夜更けの祝電
「風極の岬」所収
札幌は遠すぎる
マリモは語る
風極の岬
さい果ての花

主な登場人物編集

  • 霞夕子(検事)
  • 桜木洋(検察事務官)

映像化作品編集

夏樹静子作品としては『弁護士 朝吹里矢子』と同様にシリーズ作品として各局でテレビドラマ化されている。

女検事 霞夕子編集

女検事 霞夕子』は、1985年から1993年まで日本テレビ火曜サスペンス劇場』で放送されたシリーズ。桃井かおり主演で10作品放送されたが、スタッフとの衝突により桃井が降板した。

シリーズ前半は東京地検、シリーズ後半は横浜地検を舞台としている。

新・女検事 霞夕子編集

新・女検事 霞夕子』は、日本テレビ『火曜サスペンス劇場』で放送されたシリーズ。1994年の第1作から1996年の第7作までは『新・女検事 霞夕子』、1996年の第8作から1998年の第13作までは『女検事 霞夕子』、1999年の第14作からは『検事 霞夕子』のタイトルが用いられていた。鷲尾いさ子主演で1994年から20作品を放送。鷲尾が産休のため降板し、2003年10月から床嶋佳子主演で5作品放送(その他のキャストに変更はない。なお、床嶋は「早朝の手紙」でこのシリーズにゲストとして出演している。)。

横浜地検を舞台としている。桜木事務官は登場しない。

検事 霞夕子編集

検事 霞夕子』のタイトルで真矢みきの主演により、2006年に日本テレビ系『火曜ドラマゴールド』で1作品放送し、2007年に特番にてさらに1作品を放送(計2作品放送)。なお、『火曜ドラマゴールド』の最終作であった『監察医・室生亜季子』の完結作「最後の解剖」にも霞夕子(真矢みき)が特別出演している。

東京地検を舞台としている。桜木事務官を女性の設定(桜木みどり)としている。

検事・霞夕子編集

検事・霞夕子』(けんじ・かすみゆうこ)は、2011年から2014年までフジテレビ系『金曜プレステージ』と『赤と黒のゲキジョー』で放送されたシリーズ。沢口靖子主演。

2010年12月に同枠で放映された『弁護士 朝吹里矢子』に次ぐ夏樹静子作品の人気シリーズの再映像化となる。

東京地検を舞台としている。桜木事務官は桜木洋一として登場する。