椹木町通(さわらぎちょうどおり)は、京都市の東西の通りの一つで丸太町通の一筋北。烏丸通から西へ千本通まで。全区間中央線のない狭い通りである。

もともとは寺町通まで通じていたが、宝永5年に発生した宝永の大火の復興にあたり、烏丸通以東の町家区域を立ち退かせて、その跡地を公卿らに分与し、現在の京都御苑の原型となるような区画が整えられたため、閉塞することになった[1]

公共交通編集

南隣の丸太町通京都市営バスの路線がある。

沿道の主な施設編集

脚注編集

  1. ^ 川嶋将生・鎌田道隆『京都 町名ものがたり』京都新聞社、1979年、172頁。

関連項目編集

京都市内の東西の通り
西は
千本通
まで
北隣の通り:下立売通 東は
烏丸通
まで
椹木町通
南隣の通り:丸太町通