メインメニューを開く

椿 彩奈(つばき あやな、1984年7月15日 - )は、日本ファッションモデルタレント女優青山学院大学文学部フランス文学科卒業。学位学士(文学)。本名、中村 有里(なかむら ゆり、生来の名前ではなく女性として改名したもの)[1]。旧芸名、椿姫 彩菜(現在の芸名と読み同じ)。元Twin Planetホリプロ所属[3]、フリーを経て現在はGrick所属。

つばき あやな
椿 彩奈
プロフィール
別名義 中村 有里(本名)[1]
椿姫 彩菜(旧芸名)
愛称 つばきバッコス
つばきグレイツェル(自称)
生年月日 1984年7月15日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 O型[2]
公称サイズ(2008年[2]時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
活動
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優タレント
事務所 Grick
モデル: テンプレート - カテゴリ

来歴編集

埼玉県川口市出身[4]暁星学園を経て、青山学院大学文学部フランス文学科卒業[2]

2006年、性別適合手術を受け、戸籍を女性に変更[5]

2008年4月、菓子ブランド「ガトー・デ・フェ」を菓子メーカーのちぼりとの共同開発、菅野結以武藤静香との共同プロデュースで立ち上げる[6][7]。6月、初の自叙伝『わたし、男子校出身です。』を出版[8]、ベストセラーとなる[9]。10月、レッグウェアのブランド「informel(アンフォルメル)」をプロデュースする[10][11]。10月、初のフォトブック『C'est ma vie』を出版[12]。11月、日本・コロンビア修好100周年記念イベントでコロンビアのイメージガールを務める[13]

2009年1月、著書『椿姫以前』を出版[14]。3月、ドラマ『就活のムスメ』で女優デビュー[15]。4月、DVDブック『椿姫彩菜ビューティートライアル フィットネスタイチー』を発売[16]。9月、『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』で舞台初出演[17]

2012年2月、初の主演舞台『テネシーワルツ 人類最後のおさかな?…』で座長を務める[18]

2014年6月、5月いっぱいで4年間在籍したホリプロを退社したことを報告した[19][20]

その後はコンピュータゲーム関連の仕事に多く関わっており、ゲームのイベントやネット番組などに出演している[21]

芸名編集

名字の「椿姫」は自身の好きなオペラ『椿姫』から、名前の「彩菜」はニューハーフクラブのママが画数を考慮して提案した候補から、それぞれ採ったという[1]

2017年8月29日、自身のTwitter椿 彩奈(読み同じ)に改名を発表。改名の理由については、「なかなか変換でも出づらいし姫がついていることに疲れました!」と明かしている[22]

著書編集

出演編集

雑誌編集

DVD編集

  • 椿姫彩菜ビューティートライアル フィットネスタイチー (東宝、2009年4月24日)

舞台編集

  • 日仏交流150周年記念公演「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」(2009年9月5日 - 12日、日本青年館、脚本・演出:西田大輔) - アリス・マルダー 役
  • ハーフライン・エンタテインメント「テネシーワルツ 人類最後のおさかな?…」(2012年2月28日 - 3月4日、キンケロシアター)
  • 劇団マツモトカズミ第四回公演「結婚の偏差値II DEAD OR ALIVE」(2014年9月10日 - 23日、新宿村LIVE)

テレビドラマ編集

テレビ編集

ラジオ編集

ファッションショー等編集

  • KOBE COLLECTION(2008年8月)
  • 渋谷×沖縄 EDGE COLLECTION(2008年6月)

インターネット編集

レギュラー
  • セガなま〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜(2013年4月22日 - )MC出演
  • ドラゴンクエストX TV(2013年6月22日、2013年8月3日、2013年8月27日 - )MC出演
  • 真夜中のニャーゴ ( ホウドウキョク24 木曜日 2015年4月 - )
過去のレギュラー
  • 椿姫彩菜と高橋名人のゲッチャ(2011年5月4日 - 2013年3月29日)MC出演
  • なごなま 〜ゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜(2012年7月30日 - 2013年3月25日)
  • 電人☆ゲッチャ!(2013年4月5日 - 2013年9月27日)
単発
  • 世界最大級の格ゲー大会 闘劇'10 FINAL(2010年9月18日、9月19日)MC出演
  • ゲッチャ!(2011年3月23日、2011年4月20日、2011年4月27日)
  • PS3版『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』発売記念!ニコ生でタッグ対戦スペシャル!!(2011年12月6日)MC出演
  • モンハン】『一狩りいこうぜ!3G』ガチ生!(2012年3月20日)
  • ドリームクリエイター(2012年9月29日、2012年12月15日)
  • スプリンターセル ブラックリスト』 特番生放送!(2013年9月12日)
  • ポケットモンスター X・Y』バトル祭 in ジャンプフェスタ(2013年12月21日)
  • がっつりみせます!『ウォッチドッグス』日本語版最速プレイ!(2014年6月2日)MC出演
  • 俺の屍を越えてゆけ2』公式生放送(2014年6月26日、2014年7月17日)MC出演
  • ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』発売記念コスケとめいっぱい楽しむ!(2014年10月2日)
  • モンスターハンター4G】ガチ生〜一(ひと)狩りいこうぜ!4G放送直前SP〜(2014年11月3日)
  • ジャンプフェスタ2015」ポケモンブース スペシャル放送(2014年12月20日、12月21日)
  • ぷよぷよ!!クエスト アーケード
    • 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』バージョンアップ記念放送!(2015年7月6日)
    • 『ぷよぷよ!!クエスト アーケード』2周年記念ありがとう!公式放送(2015年11月13日)
  • ドラゴンクエスト新作発表会(2015年7月28日)MC出演
  • 最高峰のアクションへ「PROJECT DRAGONNEST」“再始動”発表会(2015年8月5日)MC出演
  • ポケモン超不思議のダンジョン』発売直前スペシャル(2015年9月16日)MC出演
  • すっぴん麻雀 ~優勝賞金100万円!負けたらその場ですっぴん公開!~(2016年12月29日、AbemaTV)- MC
  • すっぴん麻雀 presents ガチンコ脱衣麻雀(2017年4月22日、AbemaTV)- MC[23]
  • 新春オールスター麻雀大会2019(2019年1月2日 - 3日、AbemaTV)[24]
  • 加藤純一の「ドラゴンクエストライバルズ」シーズン終了までにレジェンド到達する生放送(2019年9月30日)ゲスト出演

ゲーム編集

  • 龍が如く3 (2009年2月26日) - 椿姫彩夏(マッサージ嬢)役

ディスコグラフィー編集

  • Heartsleep(2008年5月12日) - 配信限定

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 椿姫彩菜 (2008年). わたし、男子校出身です。. ポプラ社. 
  2. ^ a b c “現役女子大生ニューハーフモデル、椿姫彩菜の初エッセイがドラマ化-”. Livedoor ニュース (ライブドア). (2008年6月18日). http://news.livedoor.com/article/detail/3690383/ 2013年7月21日閲覧。 
  3. ^ “椿姫彩菜、心機一転 半年ぶりに活動再開”. モデルプレス. (2010年6月28日). http://mdpr.jp/gal/detail/464663 2015年12月29日閲覧。 
  4. ^ 椿姫彩菜 Special Interview”. マイナビ (2009年4月10日). 2013年7月21日閲覧。
  5. ^ “椿姫彩菜、結婚「30歳ぐらいに」好みは押しが強い紳士”. NEWS24. (2008年10月26日). オリジナルの2014年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140710202327/http://www.news24.jp/entertainment/news/162523.html 2013年7月21日閲覧。 
  6. ^ “"カリスマ"ニューハーフモデルが作った「夜食べても太らないお菓子」”. Livedoor ニュース (ライブドア). (2008年4月18日). http://news.livedoor.com/article/detail/3605080/ 2013年7月21日閲覧。 
  7. ^ “ちぼり、女の子のための菓子ブランド「ガトー・デ・フェ」発表 椿姫彩菜とコラボ開発”. 日本食糧新聞. (2009年5月29日). オリジナルの2014年7月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140710000207/http://news.nissyoku.co.jp/Contents/urn/newsml/nissyoku.co.jp/20090529/AOYAGI20090526081129143/1 2013年7月21日閲覧。 
  8. ^ “ステキな「女の子」になれるまで 「わたし、男子校出身です。」 椿姫彩菜著”. 47NEWS. (2008年8月11日). http://www.47news.jp/topics/entertainment/2008/08/post_1528.php 2013年7月21日閲覧。 
  9. ^ “現役女子大生でモデルの椿姫彩菜さん 美しさの秘訣は?”. 読売新聞 (読売新聞社). (2009年4月8日). http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/rensai/20090408ok07.htm 2013年7月21日閲覧。 
  10. ^ “椿姫彩菜さん、レッグウエアの新ブランドをプロデュース”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2008年10月22日). http://www.asahi.com/fashion/topics/TKY200810220214.html 2013年7月21日閲覧。 
  11. ^ “椿姫彩菜「がにまたの女子もったいない」”. 日刊スポーツ. (2008年10月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20081022-421680.html 2013年7月21日閲覧。 
  12. ^ 椿姫彩菜フォトブック『C'est ma vie』発売記念イベント”. スクランブルエッグ (2008年10月27日). 2013年7月21日閲覧。
  13. ^ “椿姫彩菜がコロンビアイメージガールに”. 日刊スポーツ. (2008年10月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20081031-424716.html 2013年7月21日閲覧。 
  14. ^ “椿姫彩菜、新成人に贈る言葉「変わることを恐れないで」”. NEWS24. (2009年1月12日). http://www.news24.jp/entertainment/news/163812.html 2013年7月21日閲覧。 
  15. ^ “椿姫彩菜が"就活"ドラマで女優デビュー”. Oricon style (オリコン). (2009年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/64416/full/ 2013年7月21日閲覧。 
  16. ^ “椿姫彩菜、台湾男性にうっとり「きれいと言われた」”. NEWS24. (2009年4月24日). http://www.news24.jp/entertainment/news/165544.html 2013年7月21日閲覧。 
  17. ^ “椿姫彩菜と共に舞台初挑戦の伊藤由奈「イントネーションが難しい」”. Oricon style (オリコン). (2009年8月13日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/68394/full/ 2013年7月21日閲覧。 
  18. ^ “舞台「テネシーワルツ」が初日!”. GirlsNews. (2012年2月29日). http://www.girlsnews.tv/dvd/40071 2013年7月21日閲覧。 
  19. ^ 椿姫彩菜 改二〜大事なお知らせ〜”. アメーバブログ (2014年6月1日). 2014年9月30日閲覧。
  20. ^ 椿姫彩菜 ホリプロ退社を報告「自分を見つめ直す」”. アメーバニュース (2014年6月2日). 2014年9月30日閲覧。
  21. ^ “椿姫彩菜 テレビから消えて“ゲーム廃人”…ゲーム関連で稼ぎ最高月収は何百万!”. デイリースポーツ. (2017年8月4日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/04/0010433780.shtml 2019年1月15日閲覧。 
  22. ^ 椿姫彩菜が改名をSNSで発表 「椿彩奈」へ”. ORICON NEWS 2017年8月29日
  23. ^ 「勝って脱ぐ」人気グラドルだらけの脱衣麻雀 天木じゅん「2次元ボディを絶対に見せる」”. Abema TIMES (2017年4月16日). 2017/011/19閲覧。
  24. ^ 24時間の大激戦が終了 新年初役満、大逆転テンパイに笑顔…涙…/新春オールスター麻雀大会2019” (日本語). Abema 麻雀 TIMES (2019年1月3日). 2019年1月7日閲覧。

外部リンク編集