楊井 人文(やない ひとふみ、1980年 - )は、日本弁護士ジャーナリスト。元産業経済新聞社記者。一般社団法人日本報道検証機構代表理事。

楊井 人文
(やない ひとふみ)
生誕 1980年 
日本の旗 日本 大阪府[1]
教育 慶應義塾大学総合政策学部
慶應義塾大学大学院法務研究科
職業 弁護士ジャーナリスト
肩書き 日本報道検証機構代表理事

経歴・人物編集

大阪府出身。甲陽学院高等学校を経て、慶應義塾大学総合政策学部卒業。

産業経済新聞社記者を経て、2008年弁護士登録。2012年4月、マスコミ誤報検証・報道被害救済サイト「GoHoo」を立ち上げる。同年11月、一般社団法人日本報道検証機構を設立し、同代表理事に就任した。設立の理由として、2011年の東日本大震災発生以降、放射能汚染に対する危険性などについて、二極化する報道に危機感を抱いたことを挙げている[2]

略歴編集

著書編集

  • 『3訂版ビクティム・サポート(VS)マニュアル -犯罪被害者支援の手引き-』(共著、東京法令出版、2008年)
  • 『外国人の法律相談Q&A第二次改訂版』(共著、ぎょうせい、2011年)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 新潮社Foresight 執筆者プロフィール
  2. ^ 「朝日騒動が示す 新聞の旧態依然」 『週刊 東洋経済 2014年 10/11号』 東洋経済新報社、42頁。 

外部リンク編集