メインメニューを開く

楊 善徳(よう ぜんとく)は清末民初の軍人。北京政府安徽派に属した。樹堂

楊善徳
杨善德.jpg
プロフィール
出生: 1873年同治12年)[1]
死去: 1919年民国8年)8月13日
中華民国の旗 中華民国(北京政府)浙江省杭州市
出身地: 清の旗 安徽省安慶府懐寧県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 楊善德
簡体字 杨善德
拼音 Yáng Shàndé
和名表記: よう ぜんとく
発音転記: ヤン シャンドゥー
ラテン字 Yang Shan-to
テンプレートを表示

事跡編集

北洋武備学堂第11期を卒業し、以後新建陸軍で軍歴を重ねた。1904年光緒30年)に第2鎮第5標標統、1906年(光緒32年)に第4鎮第7協協統、1908年(光緒34年)に浙江新軍混成協協統、1910年宣統2年)に浙江第41協協統、1911年(宣統3年)に第4鎮第7協協統と歴任している。

中華民国成立後、軍制改組に伴い、第4鎮は第4師に改組され、楊善徳が同師長に昇進した。1913年民国2年)9月、江蘇松江鎮守使に就任する。1915年(民国4年)11月、上海鎮守使を暫行兼任署理する。まもなく淞滬護軍使兼江蘇軍務会弁に転じた。その翌月に袁世凱が皇帝に即位すると、一等伯に封じられている。

袁世凱死後、楊善徳は段祺瑞率いる安徽派に属した。1917年(民国6年)1月、浙江督軍に任命される。段が大総統黎元洪により国務総理を罷免されると、段を擁護するために楊は浙江省独立を宣言した。同年7月、段の復権と共に、そのまま独立を取り消している。

1919年(民国8年)8月13日、在任中に病没。享年47。翌日、北京政府から陸軍上将を追贈された。

編集

  1. ^ 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は「1856年生まれ」としているが、典拠不明で疑わしい。上海市地方志弁公室ホームページ、『民国人物大辞典(1991年、初版)』に基づき、1873年とする。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 「楊善徳」上海市地方志弁公室ホームページ
  • 来新夏ほか『北洋軍閥史 下冊』南開大学出版社、2000年。ISBN 7-310-01517-7
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(北京政府)北京政府
先代:
呂公望
浙江督軍
1917年1月 - 1919年8月
次代:
盧永祥