メインメニューを開く

楊業(よう ぎょう、拼音:Yáng Yè、? - 986年)は、中国五代十国時代から北宋初期にかけての武人。楊継業(よう けいぎょう、Yáng Jìyè)とも言い、また楊老令公と称せられる。本来の名前は重貴であり、并州太原(現在の山西省太原市)の人である。

生涯編集

楊業の父・楊信後漢にあって麟州刺史に任じられた。楊業は青年時代に後漢の河東節度使劉崇の部下となった。後周広順元年(951年)、劉崇は太原にて北漢を建国した時に、楊業は建雄軍(現在の山西省忻州市代県)の節度使となった。後に、劉鈞は、彼を「乾児子(養子)」とし、「劉継業」の名を与えた(これにより、北漢末の主、劉継元と同輩になった)。さらに、楊業に長く北方の守りの代州を固めさせ、軍に備えさせた。北漢の君主劉継元が太宗に降伏した後も、戦闘を継続したが、劉継元自らの降伏勧告により宋に降った。左領軍大将軍・鄭州防禦使に任ぜられ、潘美と共に北方の遼の南下に備えた。

宋の太平興国5年(980年)3月、遼の景宗は10万の兵を発して雁門を攻めた。楊業は奇兵を出して雁門関を迂回して北より遼軍に奇襲をかけ、潘美と前後から攻撃し、大いに遼軍を破った。このとき、遼国の駙馬 (Zh侍中蕭咄李を殺し、馬歩軍都指揮使李重海を生け捕りにした。この功績により、楊業は雲州観察使に昇進した。これより楊業は、遼軍の間で畏れられるようになった。

雍熙3年(986年)、太宗は北伐して遼を攻めることを決定した。潘美と楊業を西路軍の主将とした。途中、曹彬岐溝関の戦いで敗れ、田重がすすみ、潘美が蔚州で破れたため、遼軍の優勢な兵力と正面から向き合わざるを得なくなった。耶律斜軫の大軍が追撃してくる状況となり、楊業はその鋭鋒をさけることを主張したが、王侁の讒言を受け、二心あることを疑われた。楊業は北漢の武将であったのが降伏しているので、他人に疑われるのを避けざるを得ず、明らかに不利な状況の下、出兵することを主張せざるを得なかった。結果、狼牙村で大敗し、全軍壊滅した。息子の楊延玉はこの戦役で戦死し、楊業の悲憤限りなく、絶食しその忠義の心を明らかにしようと決意し、捕虜となり連行される途中で死亡した。

楊業の死後、太宗は潘美の位を三階級落とし、王侁の名を名簿から削り、金州に流し、劉文裕の名も削除して登州に流した。

楊家将編集

楊業の妻は、姓を折という。光緒年間に編集された『岢嵐州志』巻九「人物・節婦」の条の記載には次のようにある:「楊業、折徳扆の女を娶る」、「折の性は敏にして、慧成り。嘗て業の戦功を立てるのを助け、楊無敵と号する」と。

宋史』巻二五二「折徳扆伝」の記載には、「折徳扆、雲中に居す」と。折徳扆の父親の「折従阮は、晋漢以来、府州に独り居る」。折家は後周に帰服した後、「父子倶に節鎮を領す、時の人、これを栄となす」。折徳扆の弟折徳願、子の折御勲折御卿、玄孫の折克行はみな武官となった。折と楊の両家は同じく山西省の人であり、折従阮と楊信はみな地方の豪族で、府州と、麟州は隣り合っている。折徳扆は、楊業に比べて24歳年上であり、両家がともに代々武門の家でありことにより、徳扆は自分の娘を楊業に娶せたのであり、徳扆の娘は折氏であるが、『楊家将』の話の佘太君に当たる。「佘」は「折」の誤りであろう。

楊業の死後、彼の子孫は、その精忠報国の意志を継いで、遼に対して交戦を続けた。中でも楊延昭楊文広は最も有名である。北宋の著名な文学者欧陽脩は、楊業、楊延昭を、「父子は皆名将、その知勇は無敵と号す、今に至るまで天下の士から在野の子供に到るまで、皆これを良く言う」と称えた。宋元の民間芸人は楊家将の故事をもとに、戯曲を編成したり、舞台に掛けたりした。明代に到ると、民間で彼らの故事から『楊家将演義』、『楊家将伝』を作った。また、小説や評伝の形で社会に広まった。しかし、歴史的な考証に基づいているとは言えず、穆桂英などの人物は実在ではなく、民間で作られたものである。

山西省代県では、ある古い鐘楼に2つの巨大な「威震三關」と「聲聞四達」の額がある。言い伝えでは、楊家将の不朽の功績を称えるものだと言われており、現在にまで残る珍しい遺物である。

楊業には7人の子供があり、楊延玉以外は楊延昭(本名は楊延朗)、楊延浦楊延訓楊延瓌楊延貴楊延彬である。ただ、第6子の延昭だけに子孫がおり、北宋中期の名将楊文広は、延昭の子供である。

楊業の事蹟は、『楊家将演義』として、中国では、有名であるが、日本では翻訳されておらず、あまり知られていない。しかし、北方謙三が小説『楊家将』『血涙』を著して、日本でも少しは知られるようになった。しかし、これらの小説は、忠実な翻訳というより、北方の翻案である。詳細は、各項目を参照のこと。

参考文献編集

  • 宋史』列伝第三十一 楊業・荊罕儒・曹光実・張暉・司超 伝