メインメニューを開く

楊 沂孫(よう ぎそん、Yang Yisun1813年 - 1881年)。字は泳春、号は子輿、晩号は豪叟学者能書家

江蘇省常熟出身。若い時は李兆洛に学問を学び、『管子』『荘子』に精通した。1843年挙人となり、官職は安徽省鳳陽の知府に至った。書は最初は鄧石如の影響を受けていたが、後に金文石鼓文・漢碑篆書や唐の李陽冰の要素を吸収し、独自の書風を確立した。

著作編集

  • 『管子今編』
  • 『荘子正読』
  • 『文字説解問偽』
  • 『在昔篇』
  • 『観濠居士集』