メインメニューを開く

楊 遇春(よう ぐうしゅん、Yang Yuchung1760年 - 1837年)はの軍人。字は時斉

四川省崇慶出身。武挙人出身で福康安に抜擢された。甘粛省回民の反乱、台湾林爽文の乱、ネパールとの戦いに参加して、守備に昇進した。

1795年、福康安に従ってミャオ族呉半生の反乱を鎮圧し、副将に任命された。1797年から白蓮教徒の乱の鎮圧にあたり、総兵、提督と昇進していった。

1813年天理教徒の乱がおきると、陝甘総督那彦成河南省に鎮圧に赴くのに随行し、首領の李文成を自殺に追い込んだ。

1825年、陝甘総督代理に任命された。1826年新疆でのジャハーンギール・ホージャの蜂起を鎮圧するために、揚威将軍の長齢に随行し、翌年の渾河の戦いでジャハーンギール・ホージャを破って、カシュガルヤルカンドイェンギサールホータンを陥落させ、次の年にはジャハーンギール・ホージャを捕らえて、陝甘総督を授かった。

楊遇春は数百に及ぶ戦闘に参加したが、身体に傷を受けたことがなかったために「福将」と称された。

出典編集


先代:
長齢
陝甘総督
1825-1835
次代:
瑚松額