楠 トシエ(くすのき トシエ、1928年1月11日 - )は、日本歌手女優声優である。本名は楠山 敏江(くすやま としえ)。愛称はビンチャン

くすのき トシエ
楠 トシエ
楠 トシエ
1955年
本名 楠山 敏江(くすやま としえ)
生年月日 (1928-01-11) 1928年1月11日(94歳)
出生地 東京市神田区
(現・東京都千代田区
国籍 日本の旗 日本
職業 歌手女優声優
ジャンル ジャズコマーシャルソング
活動期間 1949年 -
主な作品
レコード
僕は特急の機関士で
CMソング
『かっぱの唄』
『長生きチョンパ』
京阪特急の歌
『仁丹の歌』
農機はヰセキ
テレビドラマ
沿線地図
夢千代日記
青春家族
備考
記録
NHK専属タレント第1号 1953年
テレビ女優第1号 1957年
NHK紅白歌合戦7回連続出場歌手 1957年 - 1963年
NHK『みんなのうた』初回曲歌手 1961年
元祖コマソンの女王 800曲 - 1000曲
テンプレートを表示

来歴・人物編集

ムーランからトリロー編集

1928年(昭和3年)1月11日東京市神田区(現・東京都千代田区)で生まれる。

1945年(昭和20年)3月、東京市滝野川区(現・東京都北区滝野川にあった旧制・芙蓉女学校を卒業[1][2]、同年4月三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行した。

1949年(昭和24年)、21歳の時、角筈ムーランルージュ新宿座へ歌手として入団[1]し、芸能界入りした。

1951年(昭和26年)のムーラン解散前後から、以前より付き合いのあった三木鶏郎の誘いでNHKラジオ第1日曜娯楽版』に出演し、一躍全国区の歌手となった。1953年(昭和28年)、25歳の時、「NHK専属タレント第1号」となる[1]。その後も、三木鶏郎グループの一員として、テレビ・ラジオ出演をこなし、『お笑い三人組』(ラジオ 1955年11月 - 1960年3月、テレビ 1957年 - 1966年3月)、『ひょっこりひょうたん島』(1964年 - 1969年)、『おはよう!こどもショー』(日本テレビ、1965年 - 1970年代)など、多数の番組に出演した。黒柳徹子らとともに「テレビ女優第1号」と呼ばれる一人となる。

NHK紅白歌合戦7年連続出場編集

歌手としては、『NHK紅白歌合戦』に7年連続出場している(詳細は下記参照)。

宮城まり子の『毒消しゃいらんかね』は、ラジオ放送では楠が歌っていたが、楠が当時レコード会社に所属していなかったので、同じトリローソングの歌い手だった宮城へお鉢が回ったもので、同曲で宮城は楠より早く、1954年(昭和29年)に『第5回NHK紅白歌合戦』に出場した。

1958年(昭和33年)の『第9回NHK紅白歌合戦』では、当初番組側が楠を紅組司会に起用する予定だったが、当時は歌手兼司会が認められておらず、歌手としての出場を希望した楠がその打診を断った。

みんなのうた編集

1961年(昭和36年)4月3日、NHK『みんなのうた』放送開始の初回、楠の『誰も知らない』という曲が採用された。

コマソンの女王として編集

800曲とも1000曲とも言われるほどCMソングを吹き込み、「コマーシャルソングの女王」と呼ばれている[3]。楠の代表曲である清酒黄桜CMソング『かっぱの唄』は、現在も時折放送されるロングランCM曲である。また、内外薬品(現・富山めぐみ製薬)の『ケロリン』のCMソング『青空晴れた空』は、1958年にシングル(SP盤)発売され、大ヒットした。現在はリメイクバージョンにはなったが、CMに使われている。

2007年(平成19年)12月、キングレコードがかつてのLPレコードのアルバム『みんなが知ってるコマーシャル・ソング集』(1960年、キングレコード)のジャケットを再度ジャケットに採用、同アルバムを含む2枚組CDアルバム『元祖コマソンの女王 楠トシエ大全』を発売した[4]

その後も全国各地の講演会やコンサートで歌声を披露している[要出典]

出演編集

映画編集

ラジオ編集

テレビ編集

バラエティー編集

人形劇編集

声の出演

NHKみんなのうた出演歴編集

▲はラジオのみの再放送、△はNHK衛星第2テレビ(現:BSプレミアム)の『なつかしのみんなのうた』での再放送。

放送期間 曲目 再放送
1961年(昭和36年)4月 誰も知らない
(初回)
2003年(平成15年)6月-7月
1961年(昭和36年)8月-9月 まね 2021年(令和3年)8月▲
1961年(昭和36年)10月-11月 へのへのもへじ (なし)
1961年(昭和36年)12月-1962年(昭和37年)1月 日本語のおけいこ 2021年(令和3年)11月▲
1962年(昭和37年)4月-5月 ピノキオの歌 (なし)
1962年(昭和37年)8月-9月 一、二、三、…
1962年(昭和37年)12月-1963年(昭和38年)1月 わらいかわせみに話すなよ 2006年(平成18年)8月15日△
2006年(平成18年)10月29日△
2007年(平成19年)1月1日△
2021年(令和3年)9月[5]
2022年1月23日[6]
1963年(昭和38年)4月-5月 春のロンド 2017年(平成29年)4月-5月▲
2021年(令和3年)4月▲
1965年(昭和40年)10月-11月 誰も知らない
(リメイク)
詳細
  • 1962年に放送された『わらいかわせみに話すなよ』はモノクロ版だが、再放送は全てカラーリメイク版(製作時期は不明)。

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 対戦相手 備考
1957年(昭和32年)/第8回 お花どん 曾根史郎 トップバッター
1958年(昭和33年)/第9回 銀座かっぽれ 若原一郎
1959年(昭和34年)/第10回 石松金毘羅道中 三波春夫
1960年(昭和35年)/第11回 駄目デス
1961年(昭和36年)/第12回 石松金毘羅道中 ジェリー藤尾
1962年(昭和37年)/第13回 うかれ駒 植木等
1963年(昭和38年)/第14回 銀座かっぽれ 森繁久彌

ドラマ編集

子供番組編集

演劇編集

外国映画・ドラマ吹替え編集

CM編集

など。

おもなディスコグラフィー編集

シングル編集

EP編集

  • 『おべんとつけてどこいくの』(1962年、キングレコード EC-145) - 4曲入りEP

アルバム編集

  • 『ビンちゃんの四季(楠トシエ・ホームソング集)』(1958年、WESTMINSTER WJ-1) - 第13回芸術祭奨励賞(レコード部門)
  • 『みんなが知ってるコマーシャル・ソング集』(1960年、キングレコード KH-28)
  • 『元祖コマソンの女王 楠トシエ大全』(2007年12月、キングレコード KICS-1349〜50)

その他編集

編集

  1. ^ a b c 楠トシエ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年1月8日閲覧。
  2. ^ 週刊女性1964年8月5日号掲載の記事に「(東京都)北区滝野川にあった私立扶桑女子商業を終戦の年に卒業」とある。ノート:楠トシエ#「扶桑女子商業学校」を参照。
  3. ^ 『“元祖コマソンの女王” 楠トシエ大全』(キングレコード、2007年12月26日)のタイトルを参照。
  4. ^ コマソン女王楠トシエ80歳で初CD - 芸能ニュース : nikkansports.com
  5. ^ 今でも船長と呼ばれている船長の夜』・『気球に乗って』・『ひげなしゴゲジャバル』(フルコーラス)と合わせてメドレーで放送。
  6. ^ みんなのうたセレクション』第2夜で放送。
  7. ^ ドラマ人間模様 赤サギ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  8. ^ ブライト・リズム・ボーイズ、リズム・シスターズとの合作。
  9. ^ ノール・クァルテットとの合作。
  10. ^ ボニー・ジャックスとの合作。
  11. ^ フォー・コインズとの合作。
  12. ^ ブラック・キャッツとの合作。
  13. ^ a b 「ゼッタイ生まれまっせ “あやかり商法”大車輪」『読売新聞』1977年10月23日付朝刊、21頁。

関連項目編集

外部リンク編集