メインメニューを開く

楠 安夫(くすのき やすお、1920年6月21日 - 2000年10月9日)は、香川県出身のプロ野球選手投手捕手)・コーチ

楠 安夫
Yasuo Kusunoki 1950 Scan10005.jpg
西鉄クリッパーズ時代(1950年撮影)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県
生年月日 (1920-06-21) 1920年6月21日
没年月日 (2000-10-09) 2000年10月9日(80歳没)
身長
体重
175 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手投手
プロ入り 1938年
初出場 1938年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

経歴編集

高松商業では投手として、徳島商業林義一大映阪急)・松山商業千葉茂巨人)と共に、四国の投手ビッグ3と称された[1]

卒業後の1938年に東京巨人軍へ投手として入団し、1939年には6勝を挙げる。1940年に三塁手、1941年に捕手にコンバートされ、1942年には応召した吉原正喜の後釜として正捕手となり、90試合でマスクを被った。

戦後は1947年阪急ブレーブスへ入団して、プロ野球界に復帰。阪急では戦前からの正捕手であった日比野武がいたために、しばしば一塁を守るなど出場機会には恵まれなかった。1950年の二リーグ分裂に伴って、新球団の西鉄クリッパースに移籍。チームの初代4番打者を務めるが、1951年に西鉄と合併した西日本パイレーツから日比野武が移籍してきたため、約10年ぶりに巨人へ復帰。復帰後は藤原鉄之助を押しのけて正捕手となり、71試合にマスクを被って打率.292の好成績を挙げる。同年に行われた南海との日本シリーズでは、全試合にマスクを被って木塚忠助蔭山和夫飯田徳治ら「百万ドルの内野陣」の足をわずか1盗塁と完璧に封じ込み、巨人の2リーグ分裂後初の日本一に大きく貢献[2]。その後は1952年ハワイから来日した広田順に押されて出場試合が徐々に減少し、1955年大洋ホエールズへ移籍。同年引退。

引退後は日本テレビ日本教育テレビフジテレビニッポン放送文化放送解説者を経て、1968年からは監督の別所毅彦の招聘でサンケイアトムズ→アトムズのヘッドコーチとなり、1969年まで務めた[3]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1938 巨人 4 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 61 14.0 10 1 7 -- 0 2 0 0 7 3 1.93 1.21
1939 14 10 4 0 0 6 2 -- -- .750 298 70.2 57 3 32 -- 5 23 0 0 25 17 0.89 1.26
1940 5 5 1 0 0 1 1 -- -- .500 105 21.2 20 2 17 -- 1 6 0 0 12 6 2.45 1.71
通算:3年 23 15 5 0 0 7 3 -- -- .700 464 106.1 87 6 56 -- 6 31 0 0 44 26 2.19 1.34

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1938 巨人 6 9 8 0 2 0 0 0 2 1 0 -- 0 -- 1 -- 0 3 -- .250 .333 .250 .583
1939 31 57 44 7 9 2 1 0 13 11 1 -- 0 0 13 -- 0 13 -- .205 .386 .295 .681
1940 35 68 59 4 10 2 1 0 14 5 1 -- 0 1 8 -- 0 15 -- .169 .269 .237 .506
1941 38 91 67 13 13 3 0 1 19 12 0 -- 1 -- 23 -- 0 14 -- .194 .400 .284 .684
1942 90 386 299 40 68 12 6 1 95 26 3 1 3 -- 82 -- 2 50 -- .227 .397 .318 .715
1947 阪急 36 90 83 4 11 1 0 0 12 5 0 0 0 -- 6 -- 1 9 -- .133 .200 .145 .345
1948 64 152 137 12 38 6 2 2 54 22 3 0 1 -- 14 -- 0 17 -- .277 .344 .394 .739
1949 41 89 80 7 23 4 0 1 30 13 3 0 0 -- 9 -- 0 16 -- .288 .360 .375 .735
1950 西鉄 73 286 262 27 67 10 2 8 105 42 7 2 0 -- 24 -- 0 37 6 .256 .318 .401 .719
1951 巨人 84 286 243 38 71 19 0 6 108 52 6 2 6 -- 36 -- 1 28 11 .292 .386 .444 .830
1952 73 221 185 27 54 11 3 3 80 24 1 1 4 -- 32 -- 0 20 6 .292 .396 .432 .829
1953 26 55 50 6 8 1 0 0 9 0 0 0 1 -- 4 -- 0 4 0 .160 .222 .180 .402
1954 4 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 -- 0 0 0 .000 .333 .000 .333
1955 大洋 50 140 126 4 24 3 0 0 27 5 2 2 0 0 14 0 0 21 7 .190 .271 .214 .486
通算:14年 651 1933 1645 189 398 74 15 22 568 218 27 8 16 1 267 0 4 247 30 .242 .349 .345 .694

記録編集

背番号編集

  • 12 (1938年 - 1942年)
  • 2 (1947年)
  • 3 (1948年 - 1950年)
  • 27 (1951年 - 1954年)
  • 1 (1955年)
  • 50 (1968年 - 1969年)

登録名編集

  • 楠 安夫 (くすのき やすお、1938年 - 1948年、1968年 - 1969年)
  • 楠 協郎 (くすのき やすお、1949年 - 1953年)
  • 楠 拡応 (くすのき やすお、1954年 - 1955年)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『巨人軍の男たち』70頁
  2. ^ 『巨人軍の男たち』72頁
  3. ^ 森岡浩編著『プロ野球人名事典 1999』日外アソシエーツ

関連項目編集

外部リンク編集