メインメニューを開く

楠木 正虎(くすのき まさとら 永正17年(1520年) - 文禄5年1月11日1596年2月9日))は、戦国時代から安土桃山時代の武士、世尊寺流書道家足利義輝松永久秀織田信長豊臣秀吉に仕えた。

 
楠木正虎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正17年(1520年[1]
死没 文禄5年1月11日1596年2月9日[1]
改名 大饗正虎→楠木正虎(楠正虎)
別名 通称:甚四郎、長左衛門
号:長諳
墓所 墓碑:京都市上京区新町通鞍馬口下ル妙覚寺[1]
官位 式部卿法印[1]従四位上河内守[1]
主君 足利義輝松永久秀織田信長豊臣秀吉
氏族 大饗氏?、楠木氏
父母 父:大饗隆成?[2]
楠木正辰[1]

目次

生涯編集

大饗氏[注釈 1]の出。生国は備前[1][注釈 2]。のち、伊勢国神戸(現在の三重県鈴鹿市神戸)に住したという(『梶川系図』)[1]。はじめは通称を大饗長左衛門(甚四郎)。『尊卑分脈』所収『橘氏系図』によれば楠木正成の孫楠木正秀の子という河内大饗氏の大饗正盛の子孫大饗隆成の子[2]。楠 長譜(くすのき ちょうあん)と名乗った。式部卿法印、従四位上河内守[1]。子に楠木正辰[1]

織田家、豊臣家の右筆(書記官)を担当した[1]。正虎は、書を飯尾常房に学んだと言われる(飯尾常房は文明17年(1485年)に没しているので、実際にはその弟子筋の人物に学んだと推測される)。世尊寺流の当代一流の書家であった[1]

織田信長が羽柴秀吉の妻である高台院に出した古文書があり、これは昭和初期まで信長の直筆とされてきたが、右筆の正虎が書いたものであることが明らかとなった[3]

楠木正成の子孫と称し、朝廷に正成の朝敵の赦免を嘆願した。これには松永久秀の取り成しもあったとされる。永禄2年(1559年)11月20日には正親町天皇の勅免を受けて、晴れて楠木氏を公言できるようになった(『旧讃岐高松藩士楠氏家蔵文書』[注釈 3])。天正3年(1575年)には式部卿法印に叙せられ、松井友閑らとともに佐久間信盛の監督官の立場に任じられる。天正9年(1581年)2月の京都御馬揃えでは坊主衆の一員としての参加が確認できる(信長公記)。

出身である備前焼の有力窯元であった備前大饗氏とは親しい関係が続き、天正10年(1582年)3月に羽柴秀吉が備前に滞留した際は大饗邸に滞在した[5]

文禄元年(1592年)からの朝鮮征伐に際しては、肥前国名護屋城において、石田三成の父である石田正継とともに記帳などにあたった。後に従四位上河内守に任じられた。

息子に楠木正辰(通称を甚四郎)がいて、冷泉家の娘を妻としていた[1]。楠木正虎父子は冷泉家・山科家と親しかった[1]

また、宇喜多氏(のち徳川氏)の家臣楢村玄正は正虎の子を称している(『楢村系図』[6])。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ "おおあえ"。土師家六姓の一つ。
  2. ^ 「備前は長諳生国にて知己おほし」「まへ片上にも打つヽき六年在城し侍」る。『楠長諳下向記』 城は備前市東片上の戸田松城で元は播磨浦上氏の浦上国秀支配であったが、宗景独立により退去し、隣接する伊部・香登を本拠とする大饗氏の主鷹取氏が替わって支配か。
  3. ^ 『旧讃岐高松藩士楠氏家蔵文書』「
     建武之比、先祖正成依為朝敵被、勅勘一流已沈淪訖。然今為其苗裔悔先非、恩免之事、歎申入之旨、被聞食者也。弥可抽奉公之忠功之由、天気如此悉之以状。
      永禄二年十一月廿日 右中弁(花押)
       楠河内守殿
    並に、
     楠木正成は、建武の古、朝敵たるによりて累葉誅罰せられ候へども、唯今正虎先非を悔いて歎き申候程に、赦免せられ候。弥々奉公の忠を致し候様に仰せ聞かせられ候べく由、心得て申べく候、かしく。
      万里小路前大納言殿へ」(万里小路前大納言は万里小路惟房[4]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 三浦 1997.
  2. ^ a b 藤原 1903.
  3. ^ 桑田 1941.
  4. ^ 藤田 1938, pp. 451–452.
  5. ^ 森 2012.
  6. ^ 藤田 1938, pp. 421–422.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集