メインメニューを開く

楠木 正虎(くすのき まさとら 永正17年(1520年) - 文禄5年1月11日1596年2月9日))は、戦国時代から安土桃山時代の人物。足利義輝松永久秀織田信長豊臣秀吉に仕えた。

 
楠木 正虎
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正17年(1520年
死没 文禄5年1月11日1596年2月9日
改名 大饗長左衛門(甚四郎)→ 楠長諳
→ 楠木正虎
官位 式部卿法印従四位上河内守
主君 足利義輝松永久秀織田信長
豊臣秀吉
氏族 楠木氏
父母 父:大饗正盛?
楢村玄正利正成虎正久

目次

生涯編集

備前大饗氏[1]の出、生国も備前[3]で初名を大饗長左衛門(甚四郎)と言う。系図上の父は禁闕の変を起こした楠木正秀の子という河内大饗氏の大饗正盛で、その養子に入ったものか楠 長譜(くすのき ちょうあん)と名乗った。式部卿法印、従四位上河内守。子に楢村玄正

松永家、織田家、豊臣家の右筆(書記官)を担当した。正虎は、書を飯尾常房に学び(飯尾常房は文明17年(1485年)に没しているので、実際にはその弟子筋の人物に学んだと推測される)、世尊寺流の当代一流の書家であった。

織田信長が羽柴秀吉の妻である高台院に出した古文書があり、これは昭和初期まで信長の直筆とされてきたが、右筆の正虎が書いたものであることが明らかとなった[4]

楠木正成の子孫と称し、朝廷に正成の朝敵の赦免を嘆願した。松永久秀の取り成しにより永禄2年(1559年)には正親町天皇の勅免を受けて、晴れて楠木氏を名乗り、楠長諳から楠木正虎と改名した。天正3年(1575年)には式部卿法印に叙せられ、松井友閑らとともに佐久間信盛の監督官の立場に任じられる。天正9年(1581年)2月の京都御馬揃えでは坊主衆の一員としての参加が確認できる(信長公記)。

出身である備前焼の有力窯元であった備前大饗氏とは親しい関係が続き、天正10年(1582年)3月に羽柴秀吉が備前に滞留した際は大饗邸に滞在した[5]

文禄元年(1592年)からの朝鮮征伐に際しては、肥前国名護屋城において、石田三成の父である石田正継とともに記帳などにあたった。後に従四位上河内守に任じられた。

一説には由井正雪の養父となったとされる軍学者・楠不伝(楠木正辰)を正虎の子とするものもあるが、確証は無い。

脚注編集

  1. ^ "おおあえ"。土師家六姓の一つ。
  2. ^ 城は備前市東片上の戸田松城で元は播磨浦上氏の浦上国秀支配であったが、宗景独立により退去し、隣接する伊部・香登を本拠とする大饗氏の主鷹取氏が替わって支配か。
  3. ^ 「備前は長諳生国にて知己おほし」「まへ片上にも打つヽき六年在城し侍」る。『楠長諳下向記』[2]
  4. ^ 桑田 1941.
  5. ^ 森 2012.

参考文献編集

  • 渡邉世祐「吉野時代以後の楠氏」、『国史学』25号、1935年。
  • 桑田忠親「豊臣秀吉の右筆と公文書に関する諸問題」、『史学雑誌』52巻3・4号、1941年。
  • 村田正志「吉野時代以後の楠氏」、『國學院雑誌』62巻9号、1961年。/所収:『続南北朝史論』 思文閣出版〈村田正志著作集第二巻〉、1983年。
  • 谷口克広 『織田信長家臣人名辞典 第二版』 吉川弘文館、2010年。
  • 森俊弘「中近世移行期の備前国人と地域産業」、『岡山地方史研究』128号、2012年。

関連項目編集

外部リンク編集