業務トラック(ぎょうむとらっく)は、自衛隊で物資輸送用に使われるトラックの一つである。通常使用される73式中型トラック73式大型トラックとは違った位置付けで運用される。

業務トラック、採用メーカーに偏重がない。

特徴編集

 
楽器輸送用の業務トラック(陸上自衛隊第11音楽隊)

自衛隊制式73式中型トラック73式大型トラックとは異なり、構成はより民生品に近い。外板色がOD色であるため自衛隊用車両と分かるが、それ以外は普通のトラックである。

民生品を基本としているが細かい変更が加えられており、4tトラックを例に採ると、荷台が自衛隊専用となっていることが最大の特徴であるが、知識が無ければ民生用との判別は難しい。

陸上自衛隊では2×4駆動の4t車が主流であるが、積雪地用に総輪駆動の4t車も存在し、海上自衛隊航空自衛隊では2tの幌タイプ、4tのアルミバンタイプ、さらには基地内専用の軽トラックの幌タイプなども使用されており、用途に合わせて様々に使用される。またナンバープレートも自衛隊専用のものを装着するものがほとんどである一方、一般車と同じタイプのナンバープレートを装着するものもある。

陸上自衛隊の音楽隊が使用する業務トラックは荷台を楽器輸送用コンテナとした車両である。なお海上自衛隊では車体色は民生品のままでコンテナに艦艇や航空機の写真を印刷した「楽器運搬車」を運用している。

諸元編集

民間のものと同じ

 
陸上自衛隊東部方面音楽隊の業務トラック

製造編集

単一のメーカーに偏ることなく、複数から調達が行われている。

関連項目編集