メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 墨田区 > 業平

業平(なりひら)は、東京都墨田区の地名。現行行政地名は業平一丁目から業平五丁目。郵便番号は130-0002[2]

業平
業平の位置(東京23区内)
業平
業平
業平の位置
北緯35度42分29.27秒 東経139度48分41.73秒 / 北緯35.7081306度 東経139.8115917度 / 35.7081306; 139.8115917
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Sumida, Tokyo.svg 墨田区
地域 本所地域
人口
2019年(平成31年)4月1日現在)[1]
 • 合計 9,935人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
130-0002[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

目次

地理編集

墨田区の地理的中央部に位置し、本所地域内にあたる。北で北十間川を境に対岸に押上、東で横十間川を挟んで対岸に江東区亀戸、南で横川、西で大横川を挟んで対岸は吾妻橋および東駒形と隣接する。町域の東辺をもって墨田区 - 江東区境を成す。町域中央を南北に四ツ目通りが縦断し、その地下を東京メトロ半蔵門線が走る。町域の西側から東へ業平一丁目、同二丁目、同三丁目、四ツ目通りの東に同四丁目、同五丁目が並ぶ。隣接地(所在地は押上一丁目)には東京スカイツリーがある。

河川編集

歴史編集

1872年明治5年)に業平天神社の前にある土地であることから、小梅業平町(現、東駒形四丁目)が誕生したのをはじめ、1891年(明治24年)に業平橋の東詰ということで中ノ郷業平町(現、業平一丁目・業平二丁目)が新設された。現在の墨田区業平一丁目から業平五丁目は、1967年昭和42年)の住居表示制度実施に際し、平川橋1~5丁目を合併して成立した。

地名の由来となった業平天神社(現存せず、現、吾妻橋三丁目6番)は、業平山南蔵院しばられ地蔵、葛飾区東水元へ1926年に転出)[4]境内にあった神社の摂末社鎮守社)である。江戸時代初期に開かれたといわれ、その由緒は、在原業平が亡くなった場所に建てられた業平塚に由来する(『江戸名所記』)といわれるが、業平塚については、力士成川運平の墓が業平の墓に転じたという説(『遊歴雑記』)、里見成平の墓という説(『本所雨やどり』)など諸説あり、『江戸名所図会』には「当社の伝説粉々として詳らかならず。」と記されている。歴史研究者の石川悌二は「業平天神の由来は定かではないが、業平塚と里人がよんでいた塚は古くからこの地にあって、考古学の鳥居龍蔵博士はそれを上代の舟形式古墳であると推定した。要するに伝承が伝承を生んで業平天神の社祠が建立されたものであろう。」[5]と推測している。

業平小学校56周年記念行事として、1972年(昭和47年)7月15日に業平音頭が制作される。これは業平小学校での運動会や地元町会での盆踊りで定番となっている。

世帯数と人口編集

2019年(平成31年)4月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
業平一丁目 1,542世帯 3,021人
業平二丁目 800世帯 1,331人
業平三丁目 863世帯 1,366人
業平四丁目 1,183世帯 1,940人
業平五丁目 1,162世帯 2,277人
5,550世帯 9,935人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
業平一丁目 全域 墨田区立業平小学校 墨田区立本所中学校
業平二丁目 全域
業平三丁目 全域
業平四丁目 1〜8番 墨田区立柳島小学校
その他 墨田区立業平小学校
業平五丁目 全域 墨田区立柳島小学校

交通編集

鉄道編集

バス編集

当地区内には、十間橋(浅草通り)、業平四丁目(四ツ目通り)、押上(浅草通り及び四ツ目通り)、とうきょうスカイツリー駅入口(浅草通り)、春慶寺前(浅草通り)、柳島妙見山法性寺入口の停留所がある。 以下の路線があり、東京都交通局京成バスなどにより運行されている。

道路・橋梁編集

道路
橋梁
  • 北十間川
    • 東武橋
    • おしなり橋
    • 京成橋(四ツ目通り)
    • 西十間橋
    • 十間橋(十間橋通り)
  • 横十間川
    • 柳島橋(浅草通り)
    • 神明橋
  • 大横川

施設編集

教育
  • 保育所(保育園)
    • ヤクルト保育園
    • ひらがなのツリーほいくえん
    • キッズガーデン業平(予定)
  • 小学校
    • 墨田区立業平小学校
公園
  • 墨田区立業平公園
税務署
銀行
郵便局
  • 押上駅前郵便局
外食産業
コンビニエンスストア
ドラッグストア
スーパー
携帯ショップ
その他

史跡編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 月別世帯人口”. 墨田区 (2019年4月1日). 2019年4月9日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 公式
  5. ^ 石川悌二『東京の橋-生きている江戸の歴史-』新人物往来社、1977年、308頁
  6. ^ 通学区域”. 墨田区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集