メインメニューを開く

極性寺(ごくしょうじ)は、富山県富山市にある浄土真宗真宗大谷派)の寺院。山号は舘定山。本尊阿弥陀如来。開基は、親鸞の直弟子「越中三坊主」の一人である極性房(教順房)。

極性寺
Toyamacity-kyokuseiji.jpg
所在地 富山県富山市安田町1-11
位置 北緯36度41分54.564秒
東経137度12分29.768秒
座標: 北緯36度41分54.564秒 東経137度12分29.768秒
山号 舘定山
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
本尊 阿弥陀如来
開基 極性房(教順房)
地図
極性寺 (富山市)の位置(富山県内)
極性寺 (富山市)
法人番号 6230005001130
テンプレートを表示

歴史編集

極性寺は、もと新川郡下条郷水橋舘(みずはしたち、現・富山市水橋舘町)に所在した真言宗寺院であったが、1207年建永2年)に念仏停止弾圧を受けた親鸞が越後国府に流される道中、この極性寺に逗留し住職を教化、法名「教順房」及び、名号として九字「南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)」と十字「帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)」を与えた。その極性房(教順房)により同地において浄土真宗の寺院として同年開山した。

教順房は他の持専房、願海房とともに直弟子として親鸞に同道して越後国府に行き、翌年に親鸞の命により、越中三坊主は本願寺の教化を目的として越中国へ戻り、教線を拡大した。

極性寺はその後、所在が新川郡婦負郡を転々とし、現在の土地に移ったのは近世、富山藩の時代に入ってからである。