メインメニューを開く

極東サンバ』(きょくとうさんば)は、日本音楽グループであるTHE BOOMが発表した6thオリジナル・アルバム。1994年11月21日発売。通常版に加え、歌詞カードが大きな冊子になったハードカバー版(限定版)も同時発売され、こちらはオリコン10位を記録している。BOOMのオリジナル・アルバムとしてはもっともヒットしたアルバムである。

極東サンバ
THE BOOMスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント
プロデュース THE BOOM、CHITO CHANGÓ、モーガン・フィッシャー
チャート最高順位
THE BOOM 年表
REMIX MAN
(1993年)
極東サンバ
1994年
REMIX MAN '95
1995年
『極東サンバ』収録のシングル
テンプレートを表示

島唄」ヒット後のTHE BOOMが傾倒した音楽がブラジル音楽。1994年春にボーカルの宮沢和史ブラジルを訪れ、「BOOMでもブラジル音楽をやってみよう」ということで製作されたのがこのアルバムである。内容としては前作の沖縄民謡のような楽曲はなく、さらに南の音楽(インドネシアケチャやブラジル音楽)の要素を含んだ楽曲でほぼ統一されており、『FACELESS MAN』からさらにグループは進化を遂げている。しかしながら、前アルバムの「南国のにおい」を残しつつ、極東の地・ブラジルへ行き着いており、完全に路線を変更したというわけではない。

一部楽曲で共同プロデューサーとしてクレジットされているCHITO CHANGÓは、チト河内が率いるパーカッション・セクションのこと。モーガン・フィッシャーモット・ザ・フープルの元メンバー。

なお、アルバムに先行して「berangkat-ブランカ-」(7月1日発売)と「帰ろうかな」(10月21日発売)がシングル発売され、いずれもトップ10にランクインするヒットとなった。また「風になりたい」も翌年3月24日にシングルカットされ、こちらもヒットした。

なお、このアルバムはデジタル・リマスタリングされ、2005年8月3日に再発売された。ボーナス・トラックとして「五分後」(シングル「帰ろうかな」のカップリング)と「Vento de amor」(「風になりたい」のポルトガル語ヴァージョン)が収録されている。

このアルバムが発売されたころ、とあるラジオ番組にゲスト出演したボーカルの宮沢和史が「極東サンバ」というタイトルが「よく『極道サンバ』と間違えられる」とコメントしていた。

1996年2月5日に「Samba do Extremo Oriente」というタイトルでブラジルでも発売された。「風になりたい」のポルトガル語ヴァージョンである「Vento de amor」が初めて発表されたのはこのアルバムである。

収録曲編集

  1. Human Rush
  2. 風になりたい
  3. TOKYO LOVE
  4. Far East Samba
  5. 帰ろうかな
  6. carnaval-カルナヴァル-
  7. Poeta
  8. モータープール
  9. 東京タワー
  10. It's Glorious
  11. berangkat-ブランカ-
  12. 10月
  13. それでも気車は走る
  14. HAJA CORAÇÃO
  15. 五分後 ※ボーナス・トラック(2005年再発売版のみ収録)
  16. Vento de amor ※ボーナス・トラック(2005年再発売版のみ収録)

ツアー編集

このアルバムに連動したツアー「極東ツアー」は、11月20日にスタートし翌年3月末まで行われ、約7万人を動員した。

外部リンク編集