メインメニューを開く

極東選手権競技大会

1913年から1934年まで10回開催された国際競技大会
第2回(1915年)上海大会で使用されたロゴマーク

極東選手権競技大会(きょくとうせんしゅけんきょうぎたいかい、: Far Eastern Championship Games)とは、1913年マニラカーニバルをきっかけに、フィリピン中華民国日本を主な参加国(この3ヶ国のほか第10回のみジャワオランダ領東インド≫が参加)として、1934年まで10回開催された競技大会である。

目次

概要編集

 
第8回(1927年)上海大会の日本選手団

第1回は東洋オリンピックという名称であったが、第2回以降「極東選手権大会」に改称された[1]。主催者は極東体育協会で、アメリカYMCAからフィリピンに派遣されていたエルウッド・ブラウンの提唱で1910年に設立された。

1917年(大正6年)に開催された第3回大会は日本にとって初の国際的スポーツ競技大会の開催とされる。会場は東京市の芝浦の埋め立て地であった。

1934年、マニラ大会中に満州国参加に伴う憲章改正問題で日華が対立し、中華民国側の委員が総退場し、極東体育協会および選手権大会は消滅した。

なお、現在のアジア競技大会は、本大会と1934年に1回だけ行われた西アジア競技大会を基として復興されたものであるとされている。

実施競技編集

 
第6回(1923年)大阪大会での日本対中華民国の男子バスケットボールの試合
 
第6回(1923年)大阪大会での女子バレーボールの試合

大会一覧編集

脚注編集

  1. ^ 『オリンピック事典』では第2回大会も東洋オリンピックという名称であったとしている。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集