メインメニューを開く

極道ステーキ』(ごくどうステーキ)は、原作:工藤かずや、作画:土山しげるによる日本漫画リイド社リイドコミック』にて連載された。単行本は全21巻、ワイド版全8巻。

極道ステーキ
ジャンル 漫画
漫画:極道ステーキ
原作・原案など 工藤かずや
作画 土山しげる
出版社 リイド社
掲載誌 リイドコミック
巻数 全21巻(ワイド版8巻)
テンプレート - ノート

タイトルの「ステーキ」の意味については、原作では全く不明なまま完結したが、Vシネマ版では独自に「極道はステーキの脂身のようなもの、邪魔者扱いされているが本当は大切なものである」という解釈をされた台詞が存在する。

目次

概要編集

一千億円の資産を持つ関馬財閥の御曹司・関馬秀次。父の跡を継ぐことを運命づけられていたが、彼は父を超えるべく大学卒業と同時にヤクザの世界に乗り込んでいく。

単行本には、『暴力社会でのし上がれ』というキャッチフレーズが掲げられていた。

オリジナルビデオ編集

1991年から1992年にかけて東映Vシネマで3作品発表された。

シリーズ第1作『極道ステーキ』は、アクション監督・殺陣師である高瀬将嗣映画監督デビュー作でもある。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集