メインメニューを開く

楽天インシュアランスホールディングス

楽天 > 楽天インシュアランスホールディングス

楽天インシュアランスホールディングス(らくてんインシュアランスホールディングス)は、楽天傘下の保険中間持株会社として2018年7月2日に設立された日本の中間持株会社たる金融持株会社である。

楽天インシュアランスホールディングス株式会社
Rakuten Insurance Holdings, Inc.
Rakuten Global Brand Logo.svg
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0053
東京都千代田区神田美土代町7番地
住友不動産神田ビル8F
設立 2018年7月2日
業種 保険業
法人番号 1010001193023
事業内容 保険業・保険代理業を行う子会社の経営管理および付帯事業
代表者 代表取締役社長 橋谷有造
資本金 99億1,100万円
発行済株式総数 18,534株
決算期 3月31日
主要株主 楽天カード 100%
主要子会社 #傘下企業を参照
関係する人物 穂坂雅之(初代会長)
外部リンク https://www.ins-hd.rakuten.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

楽天グループの保険子会社3社(楽天生命保険、朝日火災海上保険、楽天少額短期保険)および保険代理店子会社2社(楽天インシュアランスプランニング、楽天アンセルインシュアランス)について、共同株式移転方式による中間持株会社の設立を2018年6月11日の取締役会で決定し、6月28日の株主総会での決議を経て、7月2日に設立した[1][2]

2019年1月1日には、保険代理店子会社3社を統合している[3]

同年4月1日には、楽天グループの再編により親会社が楽天カードに異動した[4]


傘下企業編集

保険業編集

詳細は当該項目を参照。
詳細は当該項目を参照。
詳細は当該項目を参照。

保険代理業編集

楽天の保険比較」のブランドでネット販売を中心に事業を展開。
2019年1月1日に同じ楽天インシュアランスHD傘下の対面販売を行う代理店2社(後述)を吸収合併した。

かつての傘下企業編集

  • 株式会社楽天アンセルインシュアランス(旧:株式会社アンセルインシュアランス)
中小企業を対象とした対面販売型の乗合保険代理店を運営。2016年楽天傘下となり、2017年7月商号変更。
2019年1月1日をもって楽天インシュアランスプランニングに吸収合併。
  • 株式会社みらいの保険(旧:朝日火災ビジネスサービス株式会社)
対面販売型の乗合保険代理店「みらいの保険」を運営する旧朝日火災の子会社。2017年4月に商号変更。
2019年1月1日をもって楽天インシュアランスプランニングに吸収合併。

脚注編集

  1. ^ 子会社の株式移転方式による中間持株会社 「楽天インシュアランスホールディングス株式会社」設立のお知らせ”. 楽天株式会社 (2018年6月11日). 2019年2月28日閲覧。
  2. ^ “楽天、保険の中間持ち株会社設立”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年6月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31602150R10C18A6000000/ 2019年2月28日閲覧。 
  3. ^ 楽天保険グループ代理店3社の統合について (PDF)”. 楽天インシュアランスホールディングス株式会社 (2019年1月4日). 2019年2月28日閲覧。
  4. ^ グループ内再編の契約締結に関するお知らせ”. 楽天. 2019年2月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集