榊原 悟(さかきばら さとる、1948年5月3日[1] - )は、日本の美術史学者、群馬県立女子大学名誉教授。岡崎市美術博物館おかざき世界子ども美術博物館館長[2]。近世日本美術専攻、屏風絵が専門。

略歴編集

愛知県西尾市生まれ[3]。1972年早稲田大学美術史学科卒、1979年同大学院博士課程単位取得満期退学サントリー美術館主席学芸員を経て、群馬県立女子大文学部教授。2003年「贈呈屏風の研究」で早大文学博士。同年『美の架け橋』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

著書編集

  • 『屏風絵の景色を歩く』(1997年、新潮社)美術館へ行こう
  • 『日本絵画のあそび』(1998年、岩波新書ISBN 4-00-430574-8
  • 『美の架け橋 異国に遣わされた屏風たち』(2002年、ぺりかん社
  • 『江戸の絵を愉しむ 視覚のトリック』(2003年、岩波新書)ISBN 4-00-430843-7
  • 『日本絵画の見方』(2004年、角川選書ISBN 4-04-703371-5
  • 『江戸絵画万華鏡・戯画の系譜』(2007年、青幻舎)大江戸カルチャーブックス
  • 狩野探幽 御用絵師の肖像』臨川書店、2014
  • 『屏風と日本人』敬文舎、2018

共著編集

  • 『日本の七宝』(1979年、マリア書房)鈴木規夫との共著

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.480
  2. ^ 施設概要”. 岡崎市美術博物館. 2013年12月12日閲覧。
  3. ^ 江戸の絵を愉しむ ―視覚のトリック”. 岩波新書. 2013年4月24日閲覧。