メインメニューを開く

榊原 政春(さかきばら まさはる、1911年明治44年)3月15日[1] - 2002年平成14年)12月11日[2])は、日本の実業家政治家華族貴族院子爵議員

目次

経歴編集

後に子爵榊原政敬の養子となる榊原政和の二男として生まれる[1][3]。父の死去に伴い、1927年3月1日、子爵を襲爵した[1][4]

1935年東京帝国大学法学部を卒業[5]。その後、同学部研究室で国際政治学を研究[5]1936年台湾拓殖に入社[5]1938年に召集され野砲兵第1連隊に入隊[2]1940年陸軍少尉に任官し、1941年南方軍司令部付となり、1942年、陸軍中尉に昇進[2]。南方軍では、報道部、軍政部員として勤務し、日本陸軍占領地をくまなく視察した[2]1943年に帰国し、軍需省軍需官、大東亜省嘱託、商工省嘱託、内閣嘱託、文化建設会理事などを務めた[2][5]

1946年5月、貴族院子爵議員補欠選挙に当選し[6]研究会に所属して活動し、1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[5]。同年4月の第1回参議院議員通常選挙において新潟県から無所属で立候補したが、次点で落選した[7]。その後、富士自動車特別顧問、東急建設顧問などを務めた[2]

著作編集

  • 『一中尉の東南アジア軍政日記』草思社、1998年。

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』上巻、650-651頁。
  2. ^ a b c d e f 『現代物故者事典 2000-2002』271頁。
  3. ^ 『人事興信録』第14版 上、サ118頁。
  4. ^ 『官報』第49号、昭和2年3月2日。
  5. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』44頁。
  6. ^ 『官報』第5815号、昭和21年6月5日。
  7. ^ 『参議院名鑑 1890年から現在・貴族院含む』956頁。

参考文献編集

  • 『現代物故者事典 2000-2002』日外アソシエーツ、2003年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。
  • 日本国政調査会編『参議院名鑑 1890年から現在・貴族院含む』国政出版室、1978年。


日本の爵位
先代:
榊原政和
子爵
高田榊原家第3代
1927年 - 1947年
次代:
華族制度廃止