この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 政邦(さかきばら まさくに)は、江戸時代前期から中期にかけての大名越後国村上藩2代藩主、播磨国姫路藩初代藩主。官位従四位下侍従。榊原家6代当主。

 
榊原政邦
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝3年9月21日1675年11月8日
死没 享保11年11月14日1726年12月7日
別名 虎之助、勝乗、政辰
墓所 兵庫県姫路市増位山随願寺
官位 従五位下式部大輔従四位下侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
越後村上藩主→播磨姫路藩
氏族 榊原氏
父母 榊原勝直
榊原政倫
鍋島綱茂
実相院
政祐、国姫、孝子、青山忠朝正室、
水野勝庸正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

分家の旗本榊原家の榊原勝政榊原康勝の庶子。1,000俵)の子の榊原勝直(1,000石)の長男として誕生。

若くして嗣子なく没した榊原本家・榊原政倫の養嗣子となり、越後村上藩を相続、その後に姫路藩に転封となる。

享保11年(1726年)、死去。跡を次男・政祐が継いだ。

年表編集

官位位階編集

系譜編集

榊原政邦の墓所編集

榊原政邦およびその夫人と側室実相院の墓は、兵庫県姫路市増位山随願寺にある。政邦と夫人の希望によりここに葬られ、また側室実相院の墓もあり、実相院の墓は夫人病治癒祈願の墓としても祀られている[1]

脚注編集

  1. ^ 随願寺にある政邦の墓所についての案内板より。

外部リンク編集