メインメニューを開く

榊原政養

この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

榊原 政養(さかきばら まさきよ)は、江戸時代後期の大名越後高田藩第4代藩主。榊原家12代当主。

 
榊原政養
時代 江戸時代後期
生誕 寛政10年2月25日1798年4月10日
死没 弘化3年8月21日1846年10月11日
改名 小平太(幼名)→政養
戒名 道隆院殿常誉清徳義山大居士
官位 従五位下、従四位下、兵部大輔、式部大輔、右大夫
幕府 江戸幕府
越後高田藩
父母 父:榊原政令、母:誠(鍋島治茂の娘)
兄弟 政養政礼政忠政愛岡田善宝稲葉正誼
正室:井伊直中の次女)
万寿(稲垣長明正室)、富子(有馬温純継室)
養子:政愛

先代藩主・榊原政令の長男。文政10年(1827年)、父の隠居により家督を相続した。天保10年(1839年)隠居。男子がなかったため、家督を五弟の政愛に譲った。弘化3年(1846年)死去、享年49。

越後高田藩主・榊原家を祀る榊神社(さかきじんじゃ)[新潟県上越市]