メインメニューを開く

榊 親一(さかき しんいち、1945年9月18日 - )は、埼玉県出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

榊 親一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1945-09-18) 1945年9月18日(74歳)
身長
体重
181 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1967年 ドラフト4位
初出場 1969年
最終出場 1979年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロッテオリオンズ
    千葉ロッテマリーンズ (1980 - 1985, 1987 - 1992)
  • 平成国際大学

経歴編集

大宮高校では1963年夏の甲子園中堅手として出場。1回戦は海星高に勝利したが、2回戦で中京商に敗れた[1]。卒業後の1964年、地元の社会人チームである日本通運浦和へ入社。初岡栄治コーチの指導を受け、外野手から捕手に転向。入部1年目に都市対抗野球で優勝を経験[2]1967年産別対抗では優秀選手に選ばれる。田中章金田留広ら実業団屈指の投手陣をリードした。同期には竹之内雅史西鉄・太平洋・クラウン阪神)がいる。

1967年のドラフト4位で東京オリオンズへ入団。主として醍醐猛夫村上公康の控え捕手としての役割を担う。しかし1972年にはシーズン中盤から、醍醐に代り43試合に先発マスクを被る。翌1973年にも80試合に出場。1974年中日ドラゴンズとの日本シリーズでも2試合に出場、第2戦では先発に起用される。コーチ兼任となった1980年に引退し、その後は一軍バッテリーコーチ(1981年, 1987年 - 1991年) ・一軍バッテリーコーチ補佐(1982年 - 1983年) ・二軍バッテリーコーチ(1984年 - 1985年, 1992年)を歴任。山内一弘山本一義稲尾和久有藤通世金田正一八木沢荘六ら6人の監督を支えた。その後は平成国際大学のコーチを務めた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1969 ロッテ 8 6 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .200 .333 .200 .533
1970 23 20 20 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .050 .050 .050 .100
1971 14 11 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .000 .091 .000 .091
1972 51 140 130 17 39 6 0 3 54 12 3 0 2 2 5 0 1 7 3 .300 .326 .415 .741
1973 80 163 147 12 40 1 1 3 52 12 0 1 3 0 12 0 1 8 6 .272 .331 .354 .685
1974 58 113 105 8 24 3 0 1 30 10 0 0 1 2 5 0 0 5 3 .229 .259 .286 .545
1975 44 64 59 5 10 0 0 1 13 5 0 0 2 0 3 0 0 13 4 .169 .210 .220 .430
1976 60 97 90 7 25 4 0 0 29 9 0 2 0 1 6 0 0 9 1 .278 .320 .322 .642
1977 40 70 64 4 12 1 0 0 13 4 1 0 1 0 4 1 1 8 2 .188 .246 .203 .450
1978 45 91 83 6 16 0 0 1 19 4 1 0 0 0 6 0 2 10 0 .193 .264 .229 .493
1979 32 62 54 2 14 0 1 0 16 2 0 0 1 0 6 0 1 6 0 .259 .344 .296 .641
通算:11年 455 837 767 61 182 15 2 9 228 58 5 3 10 5 49 1 6 72 19 .237 .287 .297 .584

年度別守備成績編集


捕手
試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1969 5 7 6 1 .143
1970 16 14 12 2 .143
1971 9 4 4 0 .000
1972 49 36 27 9 .250
1973 70 52 29 23 .442
1974 55 53 38 15 .283
1975 31 15 10 5 .333
1976 55 27 19 8 .296
1977 34 28 11 17 .607
1978 44 26 18 8 .308
1979 30 28 19 9 .321
通算 398 290 193 97 .334

背番号編集

  • 65 (1968年)
  • 22 (1969年 - 1980年)
  • 78 (1981年 - 1985年)
  • 88 (1987年 - 1991年)
  • 73 (1992年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集