榎木 洋子(えのき ようこ、10月3日 - )は小説家東京都立光丘高等学校卒業。

友人の波多野鷹が小説家としてデビューしたことに触発され、小説家を志す。

1990年に『特別の夏休み』で第16回コバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞し、『リダーロイス・シリーズ1 東方の魔女』でデビュー。

その後コバルト文庫を中心に作品を発表する。

2020年9月から日本SF作家クラブ事務局長。

概要編集

主にファンタジー作品を手がけ、デビュー作の『リダーロイス』、代表作の『龍と魔法使い』などはいずれも同じ、龍や精霊の存在する魔法世界を舞台とし、シリーズ間で共通して登場するキャラクターも存在する。

それ以外では現代日本を舞台とした伝奇的な作品『女神降臨剣』、『影の王国』シリーズやライトSF風味な『STEP OUT』、『人魚姫』シリーズなどがある。

作品リスト編集

ファンタジー編集

守龍世界物編集

その他編集

  • ルーシー・ビィビィの大冒険シリーズ(コバルト文庫)
  • お宝探し隊(漫画原作担当、作画は思い当たる、ノアール出版)

現代日本物編集

ライトSF編集

外部リンク編集