メインメニューを開く

榎本 俊二(えのもと しゅんじ、1968年12月10日[1] - )は、日本漫画家。配偶者は同じく漫画家の耕野裕子。2010年4月から広島県三次市在住[2][3][4]

榎本 俊二
生誕 (1968-12-10) 1968年12月10日(50歳)
日本の旗 日本神奈川県藤沢市
職業 漫画家
代表作GOLDEN LUCKY
えの素
受賞ビッグコミックスピリッツ」第3回相原賞特別賞
月刊アフタヌーン四季賞1989年秋・佳作
公式サイト 榎本俊二 Enomoto Shunji(@hecky_mitsuo)公式Twitter
テンプレートを表示

目次

人物編集

神奈川県藤沢市生まれ[1]藤沢市立御所見中学校神奈川県立藤沢西高等学校日本映画学校(現・日本映画大学)卒業。[1]

日本映画学校在学中に「ビッグコミックスピリッツ」で第3回相原賞特別賞(ゴッホ記念財団(嘘)賞:賞品はひまわりのタネ)を受賞。その後「月刊アフタヌーン」(講談社)の四季賞(1989年秋の佳作)に『Golden Lucky』が入賞し[1][5]、応募作が同社の「週刊モーニング」に掲載され漫画家としてデビュー[1]。漫画家を目指したきっかけは協調性がないことに気づいたから。代表作は『GOLDEN LUCKY』『えの素』など。

2010年に東京から三次市に移住したのは、妻の実家があること、妻が1人っ子であること、子供を育てるのに自然が多いところが良いと思ったことから[6]

講談社 月刊アフタヌーンで『アンダー3』、ミシマ社 ちゃぶ台にて『ギャグ漫画家山陰移住ストーリー』を連載中。

作品の特徴編集

シュールギャグ。エロと下品を身上とし、不条理かつスピード感溢れるギャグで一部のファンから絶大な支持を得ている。精神科医斎藤環は、「最盛期の赤塚不二夫よりも空虚であり、エログロの抽象化という点においては、山上たつひこをも凌駕する」と評した[7]。また『榎本俊二のカリスマ育児』などのエッセイマンガは、独特のとぼけた味わいの中にほのぼのとした雰囲気を感じさせる。

作品、掲載情報編集

単行本編集

アンソロジー編集

読切作品編集

イラスト編集

対談編集

その他編集

  • イヤミの包囲網(2010年-、月刊アフタヌーン、講談社) - 2010年5月号から連載中。コラム+イラスト+脚注。
  • 『脳の中の「わたし」』(坂井克之著、講談社、2009年) - イラストを担当。 ISBN 978-4-06-215882-4
  • 萬Z。Best(萬Z(量産型)&manzo、2009年) - CDジャケットイラスト。

紙媒体以外のメディア出演編集

テレビ
ラジオ

受賞歴編集

注釈編集

  1. ^ a b c d e 電ファミニコゲーマー【榎本俊二4コマ】キラーソフトの脱衣麻雀をクロスプレイしたら神ゲーのステータスがコンティニューした…不条理4コマ巨匠が現代ゲーム用語を漫画化!【現代ゲーム用語大全】”. DWANGO. 2019年3月12日閲覧。
  2. ^ ちゃぶ台Vol.4発刊記念イベント「漫画家と編集者が見る!」榎本俊二・三島邦弘トークショー│HIROSHIMA T-SITE”. Culture Convenience Club (2018年). 2019年3月12日閲覧。
  3. ^ ユニコーンがやってきた!│おひるーなブログ│おひるーな│RCC - RCCラジオ”. 中国放送. 2019年3月15日閲覧。
  4. ^ Canvas 公式Facebook”. 中国放送 (2019年3月13日). 2019年3月15日閲覧。
  5. ^ 榎本俊二 - コミックナタリー”. ナターシャ. 2019年3月15日閲覧。
  6. ^ TJ Hiroshima 2019年3月号 p100. 2019年3月16日閲覧。
  7. ^ 『フレーム憑き』斎藤環、青土社、2004年、p310。(ISBN 978-4791761180

外部リンク編集