メインメニューを開く

榛原町(はいばらちょう)は奈良県宇陀郡北西の町。2006年1月1日に宇陀市となり消滅。2011年3月までは地域自治区として榛原区が存在した。

榛原町
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
榛原町大宇陀町菟田野町室生村宇陀市
現在の自治体 宇陀市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
宇陀郡
団体コード 29383-1
面積 64.41km2
総人口 18,670
(2004年10月1日)
隣接自治体 奈良市桜井市、宇陀郡大宇陀町菟田野町室生村吉野郡東吉野村
町の木 ヒノキ
町の花 ヤマツツジ
ウグイス
榛原町役場
所在地 633-0292
奈良県宇陀郡榛原町下井足17-3
奈良県における榛原町 (奈良県)の位置
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

奈良県中東部に位置し、四方を山地に囲まれた高原都市。町の北部を近鉄大阪線国道165号が横断する。宇陀地区の中心となる町である。

地形編集

町内を流れる宇陀川・芳野川周辺の平坦地とそれを取り囲む山地で構成される。平坦地の部分でも海抜300m前後の標高をほこり、周囲の山は600〜800m級のものである。位置としては大和高原の南端に位置する。

隣接していた自治体編集

気候編集

大和高原の南端に位置し、奈良盆地との標高差も200m以上あることから、盆地ではなく高原性の気候区分に属する。夏場は奈良盆地に比べれば幾分涼しく、冬場には凍結、積雪などの状況にも見舞われる。雨量も比較的多い。しかし、近年の温暖化のため、年々極寒の日は少なくなっている。

歴史編集

行政編集

  • 町長 - 前田禎郎(第42-45代、1997-2005)。それ以前は福井茂弘が7期28年を務める長期政権だった。[1]

警察編集

  • 奈良県警察宇陀警察署(萩原)

経済編集

産業編集

林業・農業を中心とする。これに加えて、軽工業の工場も散在している。

姉妹都市・提携都市編集

地域編集

学校教育編集

交通機関編集

名所・旧跡・観光・祭事・催事編集

名所・旧跡編集

その他編集

出身有名人編集

合併問題編集

宇陀郡6町村による「宇陀地区合併協議会」を設置したが、曽爾・御杖両村の離脱により解散。その後、残る4町村による合併協議会を設置。協議の結果、2006年1月に宇陀市が誕生する運びとなった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 旧榛原町の特別職宇陀市役所、2012年6月1日

関連項目編集

外部リンク編集